副鼻腔炎による咳の特徴を紹介! 喘息への悪影響や治療法など

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

何日も痰(たん)が絡まるような咳(せき)が続いている場合は、副鼻腔炎の可能性があります。咳(せき)が続くと、体力が衰え、喘息(ぜんそく)を引き起こすなど、日常生活にもさまざまな支障が出てきてしまいがちです。副鼻腔炎による咳(せき)を止めるためには、咳(せき)が出るメカニズムなどの知識を身につける必要があります。今起きている症状を確認しつつも、副鼻腔炎について知らなければなりません。そこで、本記事では、副鼻腔炎の基礎知識や咳(せき)との関係性・治療方法などについて詳しく説明します。

  1. 副鼻腔炎の基礎知識
  2. 副鼻腔炎の咳について
  3. 副鼻腔炎の咳を放置するとどうなるか
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. 副鼻腔炎の咳に関するよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎の基礎知識や咳(せき)との関係を知ることができ、適切な治療法がわかります。気になっている方はぜひ参考にしてください。


1.副鼻腔炎の基礎知識

副鼻腔炎による咳(せき)を止めるためには、どんな病気なのか基礎知識を身につけることが大切です。主な症状や原因・なりやすい人・ほかの鼻炎との違いについて詳しく説明します。

1-1.どんな病気か

副鼻腔炎は、副鼻腔の粘膜にウイルス・細菌が感染して起こる炎症です。炎症が起きると、鼻づまり・鼻水・頭痛・咳(せき)などの症状が現れます。また、膿(うみ)がたまるものを蓄膿症(ちくのうしょう)と呼び、種類は急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の2つです。急性副鼻腔炎は、風邪などのウイルス感染で鼻の粘膜に炎症が起き、副鼻腔の粘膜まで広がります。一方、慢性副鼻腔炎は、症状を放置することで発症するのです。治療に時間がかかるため、慢性化する前に治療を開始しなければなりません。

1-2.主な症状

副鼻腔炎の症状は、鼻水・鼻づまり・咳(せき)・頭痛などが挙げられます。ほかにも、顔面痛・頬(ほお)の圧迫感や違和感・鼻腔内の悪臭・味覚の低下が起こるのです。すべての症状が現れるわけではありませんが、複数の症状が出てくることもあります。どのような症状が出ているのか、把握しておきましょう。

1-3.主な原因

副鼻腔炎の主な原因は、ウイルスや風邪などの感染です。鼻腔に感染して炎症が起き、副鼻腔にまでおよびます。副鼻腔と鼻腔はつながっているため、感染しやすいのです。また、副鼻腔の機能が衰えてしまうと、分泌物や膿(うみ)などが排出できずに感染しやすくなるでしょう。体調不良や乱れた生活習慣も原因として挙げられます。ほかには、扁桃炎(へんとうえん)・咽頭炎・虫歯など、のどや口の中の病気も関係しているのです。

1-4.どんな人がなりやすいのか

副鼻腔炎になりやすい人には、ある共通点があります。それは、花粉症やアレルギー性鼻炎を持っている人です。ほかの人よりも花粉・アレルゲン物質に反応する人が、副鼻腔炎になりやすい傾向があります。また、遺伝とも関係しており、親が副鼻腔炎になっている人も気をつけなければなりません。さらに、鼻を力強くかみすぎる人もなりやすい傾向があります。鼻をかみすぎてしまうと、副鼻腔に鼻水や膿(うみ)がたまりやすくなり、炎症が起こるのです。

1-5.ほかの鼻炎との違い

鼻炎は鼻の中の粘膜が、花粉・ハウスダストのアレルゲンに接触して起こる過剰反応です。一方、副鼻腔炎は、アレルギー反応ではありません。風邪やウイルスなどの感染が原因で起こる炎症となります。そのため、アレルギー反応で表れる鼻水は透明でサラサラしていますが、副鼻腔炎の鼻水は色がつきねばねばしている点が特徴です。

2.副鼻腔炎の咳について

副鼻腔炎の症状の1つに咳(せき)があります。咳(せき)を止めるためにも、なぜ出るのかメカニズムを知ることが大切です。後鼻漏(こうびろう)や咳(せき)の特徴・見分け方・考えられる病気について詳しく説明します。

2-1.副鼻腔炎で咳が出るメカニズム

副鼻腔で咳(せき)が出るのは、後鼻漏(こうびろう)という症状が関係しています。人間は健康でも1日2~6リットルの鼻汁が作られており、そのうちの3割はのどへ向かって流れ込んでいる仕組みです。知らないうちに、鼻汁を飲み込んでしまっています。のどに流れ込んできた鼻汁が粘膜と絡み合い、咳(せき)が出るのです。咳(せき)は絡みついた鼻汁を出そうとしている症状となります。

2-2.後鼻漏について

副鼻腔炎による咳(せき)は、後鼻漏(こうびろう)という症状が深く関係しています。後鼻漏(こうびろう)とは、鼻水がのどへ流れ込む症状のことです。副鼻腔炎を発症したときは、サラサラとした鼻水が出てきます。しかし、細菌感染による炎症が進行するほど、副鼻腔に膿(うみ)がたまり、黄色かつ粘り気のある鼻水や、痰(たん)が絡まるような咳(せき)が出てくるのです。後鼻漏(こうびろう)は、副鼻腔炎が悪化している症状ともいえます。

2-3.副鼻腔炎の咳の特徴

普通の咳(せき)と副鼻腔炎による咳(せき)には、ある違いがあります。咳(せき)の性質・頻度・期間・タイミングによる違いをチェックしておきましょう。

2-3-1.咳の性質

副鼻腔炎の場合は、痰(たん)が絡むような咳(せき)が特徴です。風邪やのどの痛みからくる咳(せき)は、空咳(からせき)やのどのガラガラを感じるでしょう。しかし、副鼻腔炎はのどに鼻水がたまっているような、粘り気を感じます。

2-3-2.頻度・タイミング

副鼻腔炎の咳(せき)は、夜間に激しくなる傾向があります。なぜなら、睡眠中は横になるからです。体勢が横になると、鼻水がのどに流れ込みやすくなります。そのため、鼻水がのどに絡みやすくなってしまうのです。

2-3-3.期間

「咳(せき)が長引いている」と感じている方は、副鼻腔炎の恐れがあります。風邪などの症状からくる咳(せき)は、完治すればすぐに収まるものです。しかし、副鼻腔炎の咳(せき)は長引く傾向があります。体調がよくても咳(せき)が出る場合は、すぐに病院で検査してください。

2-4.副鼻腔炎の咳の見分け方

副鼻腔炎の咳(せき)は、痰(たん)が絡みやすい・夜間に激しくなるなどの特徴があります。何ともないのに咳(せき)が長引いているかどうかなど、咳(せき)の状態をチェックしてみてください。また、咳(せき)以外にも、鼻の中から悪臭がする・頭痛や鼻づまりが起きるなど、ほかの症状も見分け方のポイントです。

2-5.長引く咳から考えられる病気

副鼻腔炎以外にも、長引く咳(せき)から考えられる病気がいくつかあります。たとえば、急性咳嗽(きゅうせいがいそう)・慢性咳嗽(まんせいがいそう)・急性肺炎・肺がん・咳喘息(せきぜんそく)・アトピー咳嗽(がいそう)などです。主に、呼吸器系に問題があると考えられるでしょう。副鼻腔炎かどうかを確かめるためにも、咳(せき)の状態やほかに見られる症状についてもチェックしてください。

3.副鼻腔炎の咳を放置するとどうなるか

副鼻腔炎の咳(せき)を放置すると、一体どうなるのでしょうか。日常生活への影響や放置することの危険性・全身への影響・ほかの病気への進行などについて説明します。

3-1.日常生活への影響

頻繁に出る咳(せき)は、少しずつ体力を奪っていきます。咳(せき)が激しくなる夜間は、なかなか眠ることができず、睡眠不足になりがちです。睡眠不足状態が続くほど体調管理ができなくなり、毎日身体がだるく、快適な生活が送れなくなるでしょう。集中力が途切れてしまい、仕事にも多大な悪影響を与えます。

3-2.放置するとどうなるか

副鼻腔に膿(うみ)がたまり、鼻腔をふさぎます。放置すればするほど膿(うみ)が蓄積されていき、呼吸困難になるほどの咳(せき)が出てしまうのです。症状がやわらいでも咳(せき)がくり返して起こるときは、慢性副鼻腔炎に進展する恐れもあります。さらに、鼻たけと呼ばれるポリープもできやすくなるのです。ポリープはがんの原因になるため、命を奪う危険も考えられます。

3-3.全身への影響

咳(せき)は全身への影響も与えます。そもそも、副鼻腔炎の症状は咳(せき)だけではなく、頭痛や顔面痛などの症状も起こるものです。咳(せき)がひどくなればなるほど、身体がこわばり、緊張状態が長引いてしまいます。身体をリラックス状態へと導くことができません。

3-4.ほかの病気への進行

先ほども話しをしたとおり、症状がひどくなるほどポリープができやすくなります。鼻腔内やのどにできるポリープは、がんの原因となるのです。慢性副鼻腔炎から鼻たけ(ポリープ)・嗅覚障害に陥る可能性もあります。また、アレルギー性鼻炎・気管支喘息・慢性気管支炎などの病気や、中耳炎・目の合併症を起こすこともあるので注意が必要です。

3-5.そのほか

副鼻腔炎が慢性化すると、脳の合併症を起こす危険もあります。非常に稀(まれ)ですが、脳膿瘍(のうのうよう)・髄膜炎・硬膜下膿痕(こうまくかのうよう)などの脳の合併症が起きるのです。また、意識障害・麻痺も起こることがあります。これらの合併症が起きると、後遺症をもたらすこともあるため、早めの治療が必要です。

4.副鼻腔炎の治療方法

できるだけ、慢性化しないうちに副鼻腔炎の治療を始めなければなりません。副鼻腔炎の診断方法や治療法・薬・子どもの場合・手術について詳しく説明します。

4-1.診断方法

副鼻腔炎の診断方法は、鼻鏡検査・内視鏡検査、レントゲン検査、CT・MRI検査、細菌検査などが挙げられます。それぞれの特徴について以下にまとめてみました。

鼻鏡検査・内視鏡検査

鼻鏡や内視鏡を使って、鼻の粘膜の状態や鼻水の量などを調査する

レントゲン検査

レントゲンを使って、炎症が起きている場所・範囲・度合いを判断する

CT・MRI検査

CT・MRIを使って、炎症が起きている場所・範囲・度合いを判断する

細菌検査

鼻水や上顎洞の分泌物を取り出して細菌の種類を調査する

4-2.どんな治療があるのか

副鼻腔炎の治療は、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎によって異なります。急性副鼻腔炎の場合は、薬物療法・鼻吸引・鼻洗浄が主な方法となるでしょう。たまっている鼻水の吸引や洗浄によって、鼻腔内をキレイにします。症状が比較的軽いことが多いため、慢性副鼻腔炎よりも気軽な方法で治療可能です。一方、慢性副鼻腔炎は、基本的に、急性副鼻腔炎の治療と変わりません。しかし、少量の抗生物質を長期間投与し続けることが多いため、治療期間が長引く傾向があります。また、これらの治療法で改善できない場合は、手術を受けなければなりません。

4-3.薬について

急性副鼻腔炎の場合は、気道粘液修復薬・気道粘液溶解薬・気道潤滑薬など、鼻水や痰(たん)を出しやすくする薬が使われます。痛みを抑える解熱鎮痛剤や細菌の繁殖を抑える抗菌薬も効果的です。慢性副鼻腔炎の場合は、マクロライド系の抗生物質が処方されます。マクロライド系は近年注目されている種類で、鼻水の抑制や抗菌作用が期待できるのです。1回の服用量が少ないため、平均3~6か月の間継続して投与し続けることになります。

4-4.子どもの場合

副鼻腔炎は、新生児や子どもによく見られる症状です。子どもの場合は、中耳炎などの耳の病気を併発しやすくなります。そのため、親が異常に気づき、早めに治療を受けなければなりません。治療法としては、鼻吸引・鼻洗浄・ネブライザー療法・内服治療が行われます。同じ抗生剤を長く服用し続けると、耐性菌ができ、効果が表れない恐れがあるのです。そのため、きちんと症状に合った薬を選び、服用する期間を考えなければなりません。

4-5.手術について

副鼻腔炎が悪化している場合は、手術が必要になるケースもあります。いろいろな治療を試してみても一向に改善されない場合も、手術が選択肢に入るでしょう。副鼻腔炎の手術では、内視鏡を使用した「内視鏡下副鼻腔手術(ESS)」などを行います。炎症が起きている粘膜だけを切除する方法です。手術を成功させるためにも、副鼻腔炎の症状・治療に詳しい病院を選びましょう。

5.副鼻腔炎の咳に関するよくある質問

副鼻腔炎の咳(せき)に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.咳を未然に防ぐポイントとは?

風邪・ウイルスなどの菌に感染しないことが、副鼻腔炎の咳(せき)を防ぐ大切なポイントです。健康な状態を維持するためにも、規則正しい日常生活や身体の免疫力があがる食生活を心がけてください。野菜・海藻・豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に食べましょう。

5-2.自分でできる対処法が知りたい

副鼻腔炎の症状が軽いうちに、自分でできる対処法を実践してください。自分でできる対処法としては、鼻うがいがあります。鼻うがいは生理食塩水を鼻の中に吸い込んだ後、そのまま出す方法です。ただし、鼻うがいの方法を間違えば、症状が悪化する危険もあるので、初めての人は医師のアドバイスを受けて行うことをおすすめします。

5-3.ネブライザー治療とは?

霧状の薬を口や鼻から吸引する治療法です。吸引することで、直接患部に薬を当てることができます。ネブライザー治療は子どもでもできる治療法です。

5-4.市販薬でも改善できるのか?

副鼻腔炎を抑えるための市販薬は、近くのドラッグストアなどで手に入ります。咳(せき)止めを使う方もいますが、市販薬はおすすめできません。なぜなら、服用することで症状が悪化する危険があるからです。症状に適切な薬かどうかもわからないため、きちんと病院で調べて処方された薬を服用してください。

5-5.病院の選び方とは?

副鼻腔炎の場合は、耳鼻咽喉科へ受診することになります。病院を選ぶ場合は、十分な治療説明をきちんとしてくれるのか、治療や手術の経験や実績があるか、環境が整っているか、適切なアドバイスをしてくれるのかに注目してください。スタッフや医師の対応が丁寧な病院・クリニックは安心できます。「川村耳鼻咽喉科クリニック」は、術後処置などのアフターフォローも整っているので、安心してください。

まとめ

いかがでしたか? 副鼻腔炎は、鼻腔内の粘膜がウイルスや菌によって炎症を起こす症状です。鼻水・鼻づまりのほかにも、痰(たん)が絡まる咳(せき)が出てきます。咳(せき)が悪化するのは、副鼻腔に膿(うみ)がたまり、のどに流れ込んでいる証拠です。このまま放置していると、がんの原因となるポリープや鼻たけができてしまいます。軽症のうちに改善するためにも、正しい治療法などを把握することが大切です。