副鼻腔炎と発熱はどう関係している? 対処法・治療法などを解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪でもないのに熱が出てきた場合、「副鼻腔炎」の疑いがあります。副鼻腔炎とは、副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる部分に炎症が起きる病気です。さまざまな症状がありますが、発熱もその中の1つとなります。症状を放置するほど鼻づまりがひどくなり、私生活にあらゆる悪影響をおよぼしかねません。不快な症状を緩和するためには、早めの治療が必要ですが、どのようにしたらよいのか分からない方が多いでしょう。

そこで本記事では、副鼻腔炎の基礎知識から熱との関係性・対処法・治療法について説明します。

  1. 副鼻腔炎の基礎知識
  2. 副鼻腔炎と熱について
  3. 副鼻腔炎の熱の対処法
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. 副鼻腔炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎と熱の関係について知り、適切な治療を受けることができます。気になっている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.副鼻腔炎の基礎知識

まずは、副鼻腔炎がどのような病気なのか知識を身につけておきましょう。基本情報を知ることで、症状から病気を疑うことができます。それでは、副鼻腔炎を改善するために必要な内容をチェックしていきましょう。

1-1.どんな病気か

副鼻腔炎とは、鼻のまわりにある「副鼻腔」と呼ばれる空洞が炎症を起こす症状のことです。副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれており、炎症が3か月以上続くと「慢性副鼻腔炎」を引き起こします。このとき、副鼻腔に膿(うみ)がたまっている状態であれば「蓄膿症」と診断されるでしょう。現在では、副鼻腔炎=蓄膿症として扱われることが増えています。
また、副鼻腔炎は「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」に分けられ、それぞれ症状が異なるので注意してください。急性副鼻腔炎は風邪などに伴って起こることが多く、鼻づまり・鼻水・頭痛・発熱などが起きます。一方、慢性副鼻腔炎は、痛みや熱がありません。急性副鼻腔炎の鼻水と同じで粘り気がありますが、薄い色をしています。

1-2.主な症状

副鼻腔炎の主な症状は、鼻水・鼻づまり・痛み・発熱・嗅覚障害の5つです。初期症状としては、膿が少し混じっている鼻水が出てくるでしょう。サラサラではなく、粘り気のある鼻水が特徴です。慢性副鼻腔炎になると、白い粘り気のある鼻水が多く出てきます。
また、頬(ほお)・両目の間・額などに痛みを感じることもあるようです。炎症が悪化すれば、においが分かりにくくなり、嗅覚障害へと進展します。
そして、熱が出てきたときには、かなり症状が悪化しているケースが多いのです。後ほど、【2.副鼻腔炎と熱について】で詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。

1-3.主な原因

副鼻腔炎のほとんどは、ウイルス・細菌が鼻腔に侵入して感染し、副鼻腔が炎症を起こすケースです。鼻腔と副鼻腔はつながっているため、侵入した細菌はそのまま副鼻腔までおよびます。副鼻腔が腫れると分泌物・膿などがうまく外へ出せなくなり、炎症が長引いてしまうのです。
ほかにも、虫歯、アレルギー性鼻炎・気管支喘息(きかんしぜんそく)などのアレルギーによって起こる可能性もあります。

1-4.どんな人がなりやすいのか・患者数

親が副鼻腔炎にかかりやすいと、なりやすい遺伝子を持っていることになります。副鼻腔炎は遺伝にも深く関係しているのです。また、花粉症・アレルギー性鼻炎になっている人も当てはまるでしょう。現在、日本において副鼻腔炎になっている人は約100万人といわれています。今後もさらに増える可能性があるでしょう。

1-5.ほかの鼻炎との違い

副鼻腔炎は、細菌・ウイルスによる感染が特徴です。たとえば、一般的な鼻炎は、鼻の中の粘膜で起こる過敏な反応とされています。反応の原因が花粉なら花粉症です。また、症状も、くしゃみ・目のかゆみなどが頻繁に現れます。どちらも鼻の病気ですが、原因・症状で違いがあるのです。

2.副鼻腔炎と熱について

それでは、副鼻腔炎と熱の関係について詳しくチェックしましょう。

2-1.なぜ副鼻腔炎で熱が出るのか

副鼻腔炎で熱が出るケースは、さまざまな原因が考えられます。まずは、風邪の延長から副鼻腔炎を起こしている場合です。副鼻腔炎は、風邪・インフルエンザなどの感染症がきっかけとなって起こることが多く、その延長で副鼻腔炎を合併します。
そして、もう1つの原因が、炎症部からの発熱です。炎症が起きている状態は、病気と免疫システムが戦っている証拠となります。免疫細胞と細菌が戦っている最中は大量のエネルギーが消費されるため、一時的な高熱が発生する仕組みです。

2-2.熱の注意点

急性副鼻腔炎を発症している場合は、一時的な高熱が出る可能性があります。きちんと耳鼻咽喉科で抗生物質を投与すれば、高熱は下がるでしょう。しかし、熱が下がらなかったり、風邪は治ったのに微熱が続いたりする場合があります。その場合は、すでに蓄膿症へ進行しているおそれがあるため、すぐに受診してください。「熱はうつりやすい」といいますが、副鼻腔炎は個人の問題なので他人にうつることはありません。

2-3.放置するとどうなるか

放置するほど、状態が悪化し蓄膿症になるリスクが高まります。副鼻腔炎の状態が3か月以上続くと、蓄膿症になるので注意が必要です。蓄膿症は鼻呼吸ができず、鼻づまりが止まらない症状が頻繁に起きます。仕事にも集中できないため、日常生活に悪影響をおよぼすでしょう。副鼻腔炎の症状はなかなか気づきにくいものですが、少しでも異変を感じたら受診してください。

3.副鼻腔炎の熱の対処法

熱が出てきたとき、どのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、自分でできる対処法と受診すべき症状について説明します。

3-1.自分でできる対処法

まずは、熱が下がるまで安静にすることが大切です。「これくらいの熱なら大丈夫」と思って、無理に体を動かしてしまえば状態が悪化するおそれがあります。もし、痛み・発熱が強い場合は、解熱剤を飲んでください。そして、水分をこまめに摂取し、体温が急に上がらないようにすることも大切です。鼻水が出てきたときは、かみすぎないように注意しましょう。思いきりかんでしまうと、副鼻腔の中に鼻水が入りやすくなり、膿がたまります。普段から、鼻のかみ方を意識してください。

3-2.受診すべき症状とは

風邪が治った、または引いていないのに熱が出る・鼻水が止まらないなどの症状が出てきたときは、副鼻腔炎になっている可能性があります。1週間以上微熱が続いている場合も要注意です。毎日、仕事で忙しい日々を送っていると解熱剤で済ませる方が多いですが、きちんと耳鼻咽喉科で検査を受けてください。蓄膿症になってから受診するのではなく、副鼻腔炎の状態で治療を受けることが症状をやわらげるポイントです。

4.副鼻腔炎の治療方法

治療を受ける前に、副鼻腔炎の診断方法・主な治療法などをチェックしておきましょう。

4-1.診断方法

副鼻腔炎の診断は、自覚症状・鼻の所見・画像検査・細菌検査の4つの方法があります。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 自覚症状:鼻づまり・鼻水・頭痛などの症状から診断する
  • 鼻の所見:内視鏡などで鼻腔を見て、膿を含んだ鼻水があるかどうか確認する
  • 画像検査:直接目で見えない部分をレントゲン・CTなどの画像で確認。膿がたまっている場合は、鼻腔部分に白い陰影が確認できる
  • 細菌検査:綿棒で鼻水を採取し、細菌が含まれているかどうか確認する

4-2.どんな治療法があるのか

主な治療法は、保存療法と手術療法の2つです。急性副鼻腔炎の場合は、1週間前後の抗生物質・炎症を抑える薬などを使用します。少しずつ投与しながら、状態経過をチェックする方法です。慢性副鼻腔炎の場合は、2~3か月投与することになります。
すでに、状態が悪化している場合は、手術療法を選択することになるでしょう。主な手術法としては、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)です。内視鏡を使用して、モニターで確認しながら膿を取りのぞきます。従来の方法とは異なり、体へのダメージが少ない点がメリットです。

4-3.薬について

副鼻腔炎で使用する薬は、解熱剤・炎症を抑えるステロイド薬・マクロライドなどの抗生物質がほとんどです。抗生物質は、細菌を除去するだけでなく、粘膜の機能をもとの状態に戻すことが目的とされています。軽度の副鼻腔炎であれば、薬物療法で完治できる可能性もあるのです。頭痛などの副作用が起きることもありますが、その際はすぐに医師へ相談してください。

4-4.子どもの場合

子どもの副鼻腔炎は大人よりも軽く、自然に治る可能性もあります。しかし、アレルギー性鼻炎を合併することもあるため、放置してはいけません。副鼻腔炎の症状が現れる場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。
子どもの場合は、保存療法が基本となりますが、よくならないのであれば手術を考えます。ただし、成人よりも体が成長していないため、必要最小限の手術にしなければなりません。また、術後の治療が重要で、数年間は経過観察が必要です。

4-5.手術について

手術の内容は、症状・状態によって異なります。手術を受ける前は、必ず医師からの説明を受けてください。どのようなアプローチをするのか、手術することでどんな状態になるのかなど、細部まで確認しておきましょう。

4-6.病院の選び方

どの耳鼻咽喉科を選べばよいのか悩む際は、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧な対応、説明を行ってくれるか
  • 副鼻腔炎・蓄膿症の治療と手術の実績があるか
  • CTスキャナーなどの最新設備が整っているか
  • 口コミ・評判がよいか
  • 治療を始める前に、きちんと検査を行っているか

大阪府大阪市にある「川村耳鼻咽喉科クリニック」では、丁寧な説明と治療を心がけています。副鼻腔炎をはじめ、耳・鼻の日帰り手術・1泊2日の手術に対応しているので、ぜひ1度ご相談ください。

4-7.注意点

病院の中には、きちんと話を聞かずに適当な診断を出すところもあります。適当な診断では、適切な治療を受けることができません。逆に、手術を受けて悪化したというケースもあるため、病院を選ぶ際は慎重に見極めてください。

5.副鼻腔炎に関してよくある質問

副鼻腔炎に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.副鼻腔炎で熱が出る意味とは?
A.体の免疫細胞が侵入した細菌と戦っている証拠です。炎症がひどくなると、体は熱を出すことで細菌を殺そうとしています。熱が続くと体がだるくなりますが、安静にすることで免疫細胞が強くなり、症状が緩和することもあるのです。熱が出ているときは、安静第一を心がけてくださいね。

Q.熱が出たときの食事はどうすべきか?
A.体がだるくなる発熱は、どうしても食欲不振になってしまいがちです。しかし、きちんと食べなければ免疫細胞が働きません。できれば、消化によい食べものを口にしてください。うどん・おかゆはもちろんのこと、アイスクリーム・プリンなどのデザートも栄養補給に最適です。

Q.ネブライザー療法とは?
A.抗生剤・ステロイド薬・粘液溶解剤などの薬液を霧状にして、噴霧したものを鼻から吸い込む療法です。鼻に機械を当てている間、鼻から息を吸い口から吐き出します。そうすることで、薬液が鼻の奥まで行きわたりやすくなるのです。一度だけで治る治療法ではないため、定期的に通院して行う必要があります。

Q.鼻腔洗浄は効果があるのか?
A.定期的に行うことで、鼻の中に潜んでいる細菌を取りのぞくことができます。しかし、すべての細菌が除去できるとは限りませんので注意してください。また、水道水で行うと、逆に粘膜が傷つき炎症がひどくなるおそれもあります。気になっている方は、医師に相談するとよいでしょう。

Q.日常生活で気をつけるべきポイントとは?
A.できるだけ、風邪を引かないことが最大のポイントです。毎日規則正しい生活を送り、栄養バランスの整った食事を摂ったりと、日常生活で気をつけるべき要素はたくさんあります。たとえ、風邪を引いても長引かせないように、きちんと体を休ませてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか? 副鼻腔炎は、鼻のまわりにある「副鼻腔」と呼ばれる空洞が炎症を起こす症状のことです。炎症が3か月以上続くと、副鼻腔に膿がたまる「蓄膿症」へ進行します。蓄膿症になれば、完治するまで時間がかかり、ひどい鼻水・鼻づまりに悩まされることになるでしょう。蓄膿症になる前に、治療を始めることが大切です。風邪を引いていないのに熱が出る・鼻水が止まらないなどの症状が現れたときは、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。症状や熱との関係をきちんと把握しておけば、適切な対処ができます。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績