副鼻腔炎と発熱は関係している!? 対処法・治療法などについて

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪でもないのに熱が出てきた場合、「副鼻腔炎」の疑いがあります。副鼻腔炎とは、副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる部分に炎症が起きる病気です。さまざまな症状がありますが、発熱もその中の1つとなります。症状を放置するほど鼻づまりがひどくなり、私生活にあらゆる悪影響をおよぼしかねません。不快な症状を緩和するためには、早めの治療が必要ですが、どのようにしたらよいのか分からない方が多いでしょう。そこで、本記事では、副鼻腔炎の基礎知識から熱との関係性・対処法・治療法について説明します。

  1. 副鼻腔炎の基礎知識
  2. 副鼻腔炎と熱について
  3. 副鼻腔炎の熱の対処法
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. 副鼻腔炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎と熱の関係について知り、適切な治療を受けることができます。気になっている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.副鼻腔炎の基礎知識

まずは、副鼻腔炎がどのような病気なのか知識を身につけておきましょう。基本情報を知ることで、症状から病気を疑うことができます。それでは、副鼻腔炎を改善するために必要な内容をチェックしていきましょう。

1-1.どんな病気か

副鼻腔炎とは、鼻のまわりにある「副鼻腔」と呼ばれる空洞が炎症を起こす症状のことです。副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれており、炎症が3か月以上続くと「慢性副鼻腔炎」を引き起こします。このとき、副鼻腔に膿(うみ)がたまっている状態であれば「蓄膿症」と診断されるでしょう。現在では、副鼻腔炎=蓄膿症として扱われることが増えています。
また、副鼻腔炎は「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」に分けられ、それぞれ症状が異なるので注意してください。急性副鼻腔炎は風邪などに伴って起こることが多く、鼻づまり・鼻水・頭痛・発熱などが起きます。一方、慢性副鼻腔炎は、痛みや熱がありません。急性副鼻腔炎の鼻水と同じで粘り気がありますが、薄い色をしています。

1-2.主な症状

副鼻腔炎の主な症状は、鼻水・鼻づまり・痛み・発熱・嗅覚障害の5つです。初期症状としては、膿が少し混じっている鼻水が出てくるでしょう。サラサラではなく、粘り気のある鼻水が特徴です。慢性副鼻腔炎になると、白い粘り気のある鼻水が多く出てきます。
また、頬(ほお)・両目の間・額などに痛みを感じることもあるようです。炎症が悪化すれば、においが分かりにくくなり、嗅覚障害へと進展します。
そして、熱が出てきたときには、かなり症状が悪化しているケースが多いのです。後ほど、【2.副鼻腔炎と熱について】で詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。

1-3.主な原因

副鼻腔炎のほとんどは、ウイルス・細菌が鼻腔に侵入して感染し、副鼻腔が炎症を起こすケースです。鼻腔と副鼻腔はつながっているため、侵入した細菌はそのまま副鼻腔までおよびます。副鼻腔が腫れると分泌物・膿などがうまく外へ出せなくなり、炎症が長引いてしまうのです。
ほかにも、虫歯、アレルギー性鼻炎・気管支喘息(きかんしぜんそく)などのアレルギーによって起こる可能性もあります。

1-4.どんな人がなりやすいのか・患者数

親が副鼻腔炎にかかりやすいと、なりやすい遺伝子を持っていることになります。副鼻腔炎は遺伝にも深く関係しているのです。また、花粉症・アレルギー性鼻炎になっている人も当てはまるでしょう。現在、日本において副鼻腔炎になっている人は約100万人といわれています。今後もさらに増える可能性があるでしょう。

1-5.ほかの鼻炎との違い

副鼻腔炎は、細菌・ウイルスによる感染が特徴です。たとえば、一般的な鼻炎は、鼻の中の粘膜で起こる過敏な反応とされています。反応の原因が花粉なら花粉症です。また、症状も、くしゃみ・目のかゆみなどが頻繁に現れます。どちらも鼻の病気ですが、原因・症状で違いがあるのです。