その症状、もしかしたら副鼻腔炎かも? 簡単セルフチェック方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

副鼻腔炎は誰でもなる可能性のある病気のひとつです。咳(せき)は出ないけど鼻づまりがひどかったり、鼻水が喉に流れるような経験をしたりしたことがありませんか?それは単なる風邪じゃなく、副鼻腔炎かもしれないのです。ちょっと耳慣れない副鼻腔炎、その症状や改善方法をご紹介しましょう。何だか最近鼻づまりや痰が気になっている…という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 副鼻腔炎の主な症状
  2. 自分でできるセルフチェック方法とは? 
  3. 副鼻腔炎の原因を知ろう! 
  4. 副鼻腔炎の痛みを緩和するためにおすすめな方法
  5. 副鼻腔炎の治療法

1.副鼻腔炎の主な症状

副鼻腔炎は、鼻の上部や横にある4対の副鼻腔という部分に何らかの形で炎症が起きていることをいいます。この副鼻腔炎には4つの種類があり、それぞれに症状が異なっているため、具体的にご紹介していきましょう。

1-1.急性副鼻腔炎

ほとんどの副鼻腔炎はこのタイプで、主な症状とされるものは風邪によく似ています。

  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 粘稠な鼻水(粘り気が強く風邪のときよりも濃い色をしている)が出る
  • 鼻の痛み
  • 鼻水が喉に流れる

ちょっと風邪っぽいけど、咳(せき)がない…なのに鼻だけがおかしい…。そんなときは副鼻腔炎の可能性が高いといえます。特に顔や鼻周りに痛みがある場合は真っ先に疑ってください。

1-2.慢性副鼻腔炎

別名「蓄膿(ちくのう)症」ともいう病気です。急性副鼻腔炎とは少し症状が異なります。

  • 鼻づまり
  • 黄色い鼻水(粘り気が強く風邪の時よりも色が濃い)が出る
  • 匂いをあまり感じない、わかりにくい
  • 身体のだるさ
  • 頭重

慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎が3か月以上続いているものをさします。慢性化したことにより急性の頃より症状が少し変わっているのです。

1-3.好酸球性副鼻腔炎

急性・慢性とはかなり毛色の異なる副鼻腔炎です。

  • 鼻づまり
  • 鼻茸(はなたけ)

特に特徴的なのは、鼻茸(はなたけ)でしょう。鼻の中にきのこ状のできものができてしまうという症状です。近年増えている難治性の副鼻腔炎で、早いうちから嗅覚が鈍るという特徴があります。

1-4.副鼻腔真菌症

急性副鼻腔炎と同じく痛みを伴うこともあるタイプですが、前の3つとはまったく違う症状を持っています。

  • 膿性の鼻水が出る
  • 鼻づまり
  • 鼻の痛み
  • 鼻血

副鼻腔の中でも上顎洞(じょうがくどう)という頬(ほお)にある副鼻腔で起こりやすいもので、左右どちらか一方がなるという場合が多いといいます。