放置してはいけない副鼻腔炎の見分け方

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
鼻づまり

副鼻腔炎は日本では1年間で約1,000万人が発症するといわれています。とはいえ、決して軽く見て放置してはいけません。副鼻腔炎は放っておくと治るどころか重症になり、場合によっては手術が必要です。風邪の症状と間違えやすいため、正しい知識で適切な判断をしなければなりません。

そこでこの記事では、副鼻腔炎にどう対処すればよいのか、症状の見分け方などをご紹介します。

  1. 自然治癒が期待できる副鼻腔炎
  2. 自然治癒が難しい副鼻腔炎
  3. 副鼻腔炎の対処法

1.自然治癒が期待できる副鼻腔炎

1-1.副鼻腔炎について知っておこう

副鼻腔炎は大きく分けて急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の2種類があります。いずれも、副鼻腔の粘膜が炎症するため、黄色や緑色の鼻水がでるのが主な症状です。本来、鼻腔はウイルスや細菌から体を守るためのフィルターの役目があります。しかし、炎症で鼻腔がつまると、このフィルターの役目が働きません。そのため、急性副鼻腔炎か慢性副鼻腔炎にかかわらず、副鼻腔炎は体の抵抗を弱める危険があります。単なる風邪やアレルギーの症状だと自己判断し、治療が遅れると症状が重症になる危険もあるので注意してください。

1-2.急性副鼻腔炎は自然治癒することもある

自己判断では急性副鼻腔炎か慢性副鼻腔炎かを見きわめるのが難しいため、医師に相談するのが最もおすすめです。医師の判断で急性副鼻腔炎であることがわかったなら、状況はそれほど深刻ではありません。風邪やアレルギーの症状が改善していくにつれ、自然と治癒することが多いです。とはいえ、通常医師は抗生剤などを処方し、治療をするはずです。医師の指示に従い、薬の力も借りながら、もともと持っている自己回復力で治癒していきます。しかし、急性副鼻腔炎がこじれると、慢性副鼻腔炎になる危険があるのを忘れてはいけません。急性副鼻腔炎のときに適切な対処をすることが大切なのです。

1-3. 自然治癒に役立つこと

自然治癒のためには体力をつけなければいけません。疲れやストレス、睡眠不足は免疫力を弱めます。体を冷やさないようにも注意しましょう。また、副鼻腔の炎症には理由があるはずです。放っておいて治る可能性もありますが、自己判断では重症になる危険もあります。急性副鼻腔炎が原因で慢性副鼻腔炎になると、症状が悪化し、治療にも時間がかかるため注意が必要です。

12