眠ってる間に呼吸が止まる・・・睡眠時無呼吸症候群の原因と治療法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「毎晩の大きないびき」「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがある方。あなたは、睡眠中に呼吸が止まる、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。睡眠時無呼吸症候群と言えば、年配の男性や肥満の人に多いイメージでしょう。しかし、最近では学齢期の子供や20代の女性などもその症状に悩まされていると言います。睡眠中に呼吸が止まることで、日常生活にさまざまな悪影響を及ぼす睡眠時無呼吸症候群。症状は寝ている間に起こるため、自覚症状のない人も少なくありません。悪化すると完治が難しく一生付き合っていかなければならない危険な病気です。

そこで、この記事では、睡眠時無呼吸症候群の原因や治療法、今日からできる改善方法について詳しくご紹介します。

  1. 睡眠時無呼吸症候群とは?
  2. 睡眠時無呼吸症候群になる原因は?
  3. 睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状
  4. 睡眠時無呼吸症候群が招く事故
  5. 怖い!睡眠時無呼吸症候群の合併症
  6. 睡眠時無呼吸症候群の診断方法
  7. 睡眠時無呼吸症候群の治療方法
  8. 自分でできる!睡眠時無呼吸症候群の対策
  9. 睡眠時無呼吸症候群のよくある質問

睡眠時無呼吸症候群は、早めに検査・治療することで症状を改善することができます。この記事を読んで、心地いい眠りと爽快な目覚めをぜひ取り戻しましょう!


1.睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。睡眠中、1時間に5回以上、7時間に30回以上無呼吸になる状態があることを言います。1回で10秒以上呼吸が止まり、無呼吸を繰り返すことで、心身にさまざまな影響を及ぼすのです。悪化し重度になれば、呼吸困難を招き、合併症が原因で死亡することもあります。

1-1.どうして無呼吸になるの?

睡眠時無呼吸症候群を引き起こす要因は、大きく分けて2つあります。1つは、空気の通り道である気道が狭くなり呼吸が止まる閉塞性睡眠無呼吸タイプです。睡眠時無呼吸症候群の9割が閉塞性睡眠無呼吸タイプだと言われています。首周り、あご、顔の骨格など形体的な特徴により、気道が狭くなり呼吸が止まってしまうのです。閉塞性睡眠無呼吸タイプは、大きないびきを伴うことが多く、睡眠中、体に十分な酸素が行き渡らない状態が繰り返し続きます。 2つ目は、胸や腹部の呼吸が停止する中枢性睡眠時無呼吸タイプです。慢性心不全の患者に多く見られます。睡眠中に呼吸が弱くなり、体内の酸素濃度が低下することで、胸部や腹部の呼吸が停止してしまうのです。

1-2.こんな人が危ない!なりやすい人の傾向

睡眠時無呼吸症候群は、太っている年配の男性がかかる病気というイメージが強いです。しかし、最近では、太っていても痩せていても、年齢も性別も関係なく、誰もがかかりうる病気だとわかってきました。特に、日本人特有の骨格・あごの形・首周りの形体的特徴が深く関係しています。 睡眠時無呼吸症候群になりやすい人の傾向をチェックしてみましょう。

  • 顔が小さい
  • 下あごが小さい
  • 歯並びが悪い
  • 舌が大きい
  • 舌の付け根が大きい
  • 首が太く短い
  • 首周りに脂肪がある

以上のように、顔や首回りの骨格に特徴がある場合、形体的に気道が狭くなり、無呼吸を起こすリスクが高まります。