睡眠障害の種類と症状を紹介!「眠れない」も「眠りすぎ」も注意!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
居眠りする男性

睡眠障害の種類や症状についてまとめてみました。
不眠をはじめ、中途覚醒や過眠症、睡眠時無呼吸症候群など、睡眠障害には種類がたくさんあるのです。
めまいやいびきが伴うものから、耳鼻科的な疾患が原因になっているものなどさまざま。
「ストレス社会」と呼ばれる今の時代、睡眠障害に頭を抱えている人は非常に多くなっています。
あなたも自分の睡眠をチェックし、どうすれば改善できるのか考えてみてください。


  1. 睡眠障害の種類と症状
  2. 睡眠障害を引き起こす原因
  3. 睡眠障害の治療法

1.睡眠障害の種類と症状

「睡眠障害」と一口に言っても、その症状は人それぞれです。
代表的な睡眠障害の種類をまとめてみました。

1-1.不眠症

  • 布団に入っても30分~1時間以上眠りにつくことができない
  • いったん眠りについても、夜中に何度も目が覚める
  • 起床時間の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない
  • 眠りが浅く、熟睡した感じが得られない

以上のような症状がある場合は、不眠症が疑われます。
よく眠れないために、日中の眠気や注意力の散漫、慢性的な疲れなどさまざまな体調不良が現れるのです。
日本では、5人に1人が不眠の症状で悩んでいると言われています。
20~30歳代にはじまり、加齢とともに急増する傾向にあるでしょう。
また、男性よりも女性に多いと言われています。

1-2.過眠症

過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じる状態です。
眠ってはいけない場面であっても、起きているのが困難になるでしょう。
過眠症にはいくつか種類があり「ナルコレプシー」「突発性過眠症」「反復性過眠症」に分かれます。
ナルコレプシーは、10歳代で発症することの多い疾患です。
日中の耐えがたい眠気と居眠りが繰り返し生じ、居眠りは30分以内と短いのが特徴。
居眠りから目覚めた後は、一時的に頭がすっきりします。
人によっては、笑ったり怒ったりした時に、突然体の力が入らなくなってしまうこともあるでしょう。
寝始めた時に金縛りにあったり、現実との区別がつかなくなったりするのも1つの特徴です。
特発性過眠症の場合、有病率はナルコレプシーよりやや少なくなっています。
日中の眠気と居眠りが主症状ですが居眠りは1時間以上続くのが特徴です。
目覚めた後も頭がすっきりせず、眠気が持続するでしょう。
反復性過眠症は非常にまれな疾患で、初発はほとんどが10歳代です。
女性よりも男性に多いと言われています。
強い眠気がおそう「傾眠期」が3日~3週間持続し、自然に回復するのが特徴です。
その後、不定の感覚で傾眠期が繰り返し出現します。

1-3.概日リズム睡眠障害

概日リズム睡眠障害とは、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わず、1日の中で必要な睡眠をとることができない疾患です。
いくつかのタイプがあります。

  • 明け方近くまで寝つけず、いったん眠ると昼すぎまで目が覚めない
  • 夕方から眠くなり、起きていられなくなる
  • 寝つく時間と起きる時間が毎日1~2時間ずつ遅れていく
  • 体内時計が朝の光によってリセットされない
  • 睡魔と覚醒の出現が、昼夜を問わず不規則になる

1-4.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群も、睡眠障害の一種です。
主症状としては、日中の眠気や大きないびき、睡眠時の窒息感が挙げられます。
睡眠中、1時間あたり5回以上の無呼吸もしくは低呼吸が存在すると、睡眠時無呼吸症候群と診断されるでしょう。
本人が自覚していることが少ないため、家族の指摘によって気づくことが多くなっています。
特に中年期に多いのが特徴です。

12