睡眠の質を高めて疲れをしっかりとる3つの方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
快眠

しっかり寝たはずなのに、朝に疲れがとれていないことはありませんか。そうであれば、睡眠の質に問題がある可能性が高いでしょう。睡眠を改善するなら、毎日の生活も大きく変わり、深刻な病気から身を守れます。それでは、どのように睡眠の質を高めることができるか、3つの原因と改善方法を考えましょう。

  1. 寝る前に注意しておくこと
  2. 寝具で注意しておくこと
  3. 寝ているときの状態で注意しておくこと

1.寝る前に注意しておくこと

1-1.寝る直前の飲食を控える

寝る直前まで食べたり飲んだりするなら、睡眠の質が下がります。寝ているあいだは消化機能が低下するからです。本来は、人は寝ているあいだに、心身ともにエネルギーを使わず、体を休めています。しかし、寝る直前にまで飲食をすると、消化器官が寝ているときにも働くのです。寝ていても、体が働くなら、朝に疲れがとれていないのはもっともでしょう。また、しっかりと食べたものを消化できないなら、消化不良になります。胃腸の調子が悪くなると、体全体ややる気にも影響がでるでしょう。ですから、夜8時以降の飲食は可能な限り控えてください。また、水分のとりすぎは、寝ているあいだにトイレに何度も起きることにもなるため注意しましょう。

1-2.寝る前は頭を使わないようにしよう

寝る直前までメールチェックや考えごとをするのはやめましょう。仕事のことなど、夜遅くまで何かを考えなければいけない状況もあるでしょう。しかし、睡眠時に、脳はたまった情報を整理するため、日中に脳をフルに活動するには、質の高い睡眠が必要なのです。しっかり睡眠をとらずに、翌日の仕事をはじめても効率はよくありません。効率が悪くミスも増えると、結局夜遅くまで仕事をしなければいけないという悪循環になります。ですから、夜遅くまで仕事をするのではなく、朝に早起きして仕事をする習慣をつけましょう。

1-3.ストレスを減らす方法を見つけよう

ストレスの多い生活は、睡眠の質に影響します。心がいつも落ち着かない状況になるのです。ストレスを解消するために、適度なアルコールを飲むことやお風呂にゆっくりとはいることもよいでしょう。気に入ったアロマオイルを使うのもおすすめです。特に、ラベンダーオイルには睡眠をうながす効果があります。ディフューザーでアロマオイルのにおいを部屋に満たし、部屋を少し暗くするなら、リラックスできる空間を作り出せるでしょう。

12