鼻水が止まらないのはなぜ? 考えられる原因と鼻水を止める方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻水が止まらなくなると「何か病気になっているのでは…」と不安になるあなたの悩み、よくわかります。仕事や私生活にも悪影響をおよぼしかねません。鼻水が止まらないのは、何かしら理由があるものです。

そこで、一体なぜ鼻水が次々と出てくるのか、原因を突き止めましょう。これから、鼻水とは何なのか、鼻づまりの原因・鼻水から考えられる病気・鼻水を止めるセルフ解消法など詳しく説明します。

  1. 止まらない鼻水の主な原因
  2. 鼻水から考えられる病気
  3. 鼻水を止めるセルフ解消法
  4. 鼻水の治療法
  5. 赤ちゃん・子どもの鼻水
  6. 手術が必要な症状は?
  7. 鼻水に関するよくある質問

この記事を読むことで、鼻水を止める方法がわかります。鼻水が止まらないと悩んでいる方、不安になっている方はぜひ参考にしてください。


1.止まらない鼻水の主な原因

止まらない鼻水の原因として多いのは、アレルギー性鼻炎・花粉症・風邪などです。風邪をひいたときウイルスを体のそとに出すために鼻水が出てきます。アレルギー性鼻炎や花粉症も体内にあるアレルゲン物質を排出するためのものなのです。ほかにも過敏症や急性鼻炎・副鼻腔炎(ふくびくうえん)などがあります。

1‐1.季節との関係

鼻水は季節と密接に関係しています。よくわかるのは花粉症ですね。花粉症は季節によって引き起こされる症状になります。花粉が飛びやすい時期ほど体内に入ってしまうので、鼻水が止まらなくなるのです。

1-2.放置するとどうなるか

鼻水を放置すると、蓄膿症(ちくのうしょう)やアレルギー性鼻炎の悪化による慢性鼻炎など重たい病気になりやすいです。最悪なケース、中耳炎や浸出性中耳炎といった耳の病気まで引き起こしかねません。手遅れの状態にならないためにも、迅速な処置が必要です。

風邪以外の病気でも鼻水は止まらなくなるんですね。
はい。しかも慢性化すると厄介です。1週間以上鼻水が止まらない場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

2.鼻水から考えられる病気

鼻水から考えられる病気はいくつかあります。主に、鼻炎・花粉症が中心です。風邪との違いやアレルギーなど詳しく見ていきましょう。

2‐1.鼻炎

鼻水から考えられる主な病気として鼻炎が挙げられます。鼻炎は風邪のウイルスや疲れ、ストレスが原因といえるでしょう。病原微生物が体内に入ることで引き起こされる症状です。全身の免疫力が弱くなっているところに細菌が感染すると起こりやすくなります。鼻水のほかにも鼻づまりや頭痛が起こるでしょう。

2‐2.花粉症

花粉症に悩まされている人は多いでしょう。鼻水のほかに鼻づまりやくしゃみ、眼のかゆみが出てくれば、花粉症になっている可能性が高いです。体がアレルギー反応を起こしているあかしになります。

2‐3.風邪との違い

風邪の場合は鼻水のほかに発熱や咳(せき)・のどの痛みも出てきます。風邪との見極め方は「発熱」です。風邪の場合は微熱が続きますが、アレルギーや鼻炎の場合はほとんど熱が出ません。また、鼻炎の場合は鼻水がさらさらしており透明です。一方、風邪は初期はさらさらですが次第に粘り気が出てきます。

2‐4.そのほかのアレルギー・病気など

アレルギー性鼻炎の場合は花粉症と近い症状が現れます。ホコリやダニ・ノミなどのハウスダストも原因になっているのです。ほかには、過敏症による鼻水「血管運動性鼻炎」があります。アレルギー検査をしてもアレルギーが見つからなかった場合に考えられる病気です。血管運動性鼻炎は、外気の急激な温度の変化が主な原因になります。

アレルギーでも鼻水が出るんですね。
はい。鼻水の状態だけで個人が病気を特定するのは大変難しいので、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

3.鼻水を止めるセルフ解消法

鼻水は自分で止めることもできます。疲れや自律神経の乱れによる鼻水はセルフ解消法を試してみてください。

3‐1.鼻水吸引器について

鼻づまりが長く続くと眠られなくなってツライでしょう。そこで、おすすめしたいのが「鼻水吸引器」です。鼻水吸引器は名前のとおり、鼻水を吸引するための機器になります。自分で鼻水を出せない赤ちゃんに使われることが多いです。鼻水吸引器は主に、持ち運びができる「電動鼻水吸引器」と「据え置きタイプ」があります。

3‐2.ツボ

人間の体にはあちこちにツボがあります。鼻水に効くツボは耳のつけ根あたりにある「外鼻(がいび)」です。外鼻(がいび)にある小さなふくらみの中央を軽くマッサージしてみてください。耳まわりをほぐすだけでも体がぽかぽかして、血液の流れがよくなります。

3‐3.食べもの

食生活が鼻水や鼻づまりの原因になっているほど、重要なポイントなのです。鼻水を止めたいとき、ヨーグルトやショウガを食べてください。ヨーグルトは花粉症に効果的といわれています。ショウガも体を温めてくれるのでデトックス作用が活性化するといわれています。

3‐4.NG行為

鼻水が止まらないとき、飲酒・喫煙は控えてください。飲酒・喫煙などの刺激物は症状を悪化させるだけです。鼻水は体内に入った刺激物を排出させるために出ることがあります。まさに、刺激物が入ったとき、体内の免疫細胞が働いて刺激物を出そうと鼻水が多くなるのです。

3‐5.生活習慣

鼻水が止まらないときこそ、規則正しい生活を送らなければなりません。睡眠不足が続いたり、栄養がかたよる食生活をしたりしていると余計に鼻水が悪化してしまいます。なぜなら、鼻の粘膜や体の免疫力が低下するからです。

ツボ押しや規則正しい生活も一定の効果があるんですね。
はい。ただし、病気の根本的な治療法ではありません。そこは覚えておきましょう。

4.鼻水の治療法

鼻水や鼻づまりの症状がひどい場合は医療施設での治療がおすすめです。そこで、病院にいったほうがいい場合・検査方法・治療の流れなど詳しく説明します。

4‐1.病院にいったほうがいい場合

鼻水が止まらなくなって2週間以上経過しているのなら病院に行ってください。また、咳(せき)が一緒に出ている人も受診をおすすめします。普通の風邪ならば、1週間~2週間で自然と治るものです。鼻水が主症状で止まらない場合はアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎を発症している可能性が高いでしょう。

4‐2.何科へ行くか

鼻水が止まらない場合は「耳鼻咽喉科」を受診してください。鼻・耳・喉の炎症によって鼻水が出ている可能性が高いです。アレルギー反応を起こしている人も耳鼻咽喉科を受診してください。

4‐3.検査方法

病院に行くと、まずは問診・視診がおこなわれます。他の症状や鼻水の性状、経過等を聞き、一過性の風邪とかでなければ内視鏡検査で、鼻水が分泌される部位や鼻水の性状、粘膜の腫れ等を調べるかもしれません。さらに副鼻腔炎などが疑われればレントゲンやCT検査も必要となるでしょう。

4‐4.治療の流れ

治療は主に、投薬・ネプライザー・鼻洗浄になります。ネプライザーとは吸入薬を霧状にして上気道や副鼻腔に直接届ける装置のことです。経口薬よりも効果があるといわれています。

4‐5.出される薬

症状や鼻水の重症度によって異なりますが、主に「抗ヒスタミン剤」「鼻噴霧ステロイド薬」「抗生剤」が処方されます。担当医師と相談しながら自分の体に合った薬を選んでください。

耳鼻咽喉科を受診したほうが治りが早いんですね。
はい。鼻水のほかに症状がなくても受診しましょう。

5.赤ちゃん・子供の鼻水

鼻水の症状は赤ちゃんや子供にも現れます。成人よりも免疫細胞が弱い赤ちゃん・子供はすぐに対策を考えなかればなりません。

5‐1.新生児・子供の鼻水

新生児・子供は基本鼻呼吸です。鼻水がつまってしまうと息ができなくなるため、苦しそうな表情を見せます。特に、新生児は自分の意志を伝えることができないので要注意です。もし、ミルクや母乳がうまく飲めない様子なら鼻がつまっているかもしれません。

5‐2.原因

赤ちゃんや子供の鼻水はウイルス・菌などによる風邪の引き始め、または気温の変化による鼻づまりが多いです。

5‐3.対策・解消法

対策・解消法としては「鼻水吸引器」「ティッシュやガーゼでかき出す」「口で直接吸い取る」方法があります。どれも簡単にできる対処法です。まずは、試してみてそれでも改善できない場合は病院へ連れて行ってください。

5‐4.鼻水吸引器について

気軽にできる対処法としては「鼻水吸引器」の使用がおすすめです。チューブで鼻を当てるときは鼻の穴とチューブの間隔を少しあけてください。圧力の関係で耳に悪影響をおよぼす恐れがあります。また、一気に吸おうとはせず、低圧に設定してこまめに吸引することがポイントです。

5‐5.やってはいけないこと

鼻水が出ているとき、ホコリ・ダニ・ノミがまっている部屋に赤ちゃんを放置してはいけません。子供や赤ちゃんを床に近い場所へ置いてしまうと、ホコリが入りやすくなります。そのため、ベッドのうえや清潔な部屋に移動させてください。

5‐6.妊婦の鼻水

妊娠中は薬の服用が簡単にできませんよね。もし、鼻水で悩んでいるときは担当の医師と相談してください。局所の点鼻薬などはほぼ胎児に影響の内場合もありますし、耳鼻咽喉科を受診して専門の治療を受けたほうが安心できます。

赤ちゃんや子供は鼻水を吸ってあげることが大切なんですね。
はい。うまくいかない場合は耳鼻咽喉科で吸ってもらいましょう。

6.手術が必要な症状は?

場合によっては、ただの鼻水でも手術が必要になることがあります。一体どんな症状・病気が手術するべき対象になのでしょうか。

6‐1.手術が必要な症状・病気

手術が必要なのは副鼻腔炎や重症のアレルギー性鼻炎です。副鼻腔炎は副鼻腔が炎症を起こし鼻づまりが悪化しているため、なかなか自然には解決できません。鼻水とともに鼻づまりが悪化した場合は要注意です。

6‐2.どんな手術があるのか

アレルギー性鼻炎の場合は比較的簡単な方法として「レーザー手術」があります。これはレーザーによって鼻の粘膜を焼く方法になります。出血や痛みも少なく、短時間で済むでしょう。レーザー治療が無効な場合は後鼻神経切断術などの手術方法があります。これは鼻水分泌の8割、くしゃみの3割を担っていると言われる後鼻神経を切断することによって鼻水の分泌を抑える手術で、くしゃみにもある程度有効です。局所麻酔や日帰り手術ができる施設もあります。

6‐3.費用・日数

手術を受ける際、気になるのが費用と日数でしょう。最近の医療技術は発達しているので、日帰りでの手術が可能です。レーザー治療ならおよそ20分~30分で終わります。費用は健康保険の3割負担でおよそ1万円弱です。川村耳鼻咽頭科クリニックでは、患者様に合わせた治療法をおこなっています。1度診察を受けてみてください。
川村耳鼻咽喉科クリニック

6‐4.メリット

病院で治療を受けるメリットは、すぐに鼻水が解消できる点です。専門的な検査と治療が受けられるので短期間で治せるでしょう。

症状が重篤な場合は、手術を勧められるんですね。
はい。しかし、手術といっても日帰りで行えるものも多いので、勧められたら前向きに検討しましょう。

7.鼻水に関するよくある質問

鼻水に関するよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.蓄膿症(ちくのうしょう)は市販薬で治せるのか?
A.蓄膿症(ちくのうしょう)は市販薬でなかなか治りません。治療に抗生物質が使用されるので耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.子供の鼻水を見極めるポイントは?
A.咳(せき)と鼻水がひどい、発熱がある、呼吸困難になっている場合は病院を受診しましょう。

Q.鼻炎が耳の病気につながるって本当?
A.本当です。鼻炎と連動して滲出性(しんしゅつせい)中耳炎が起こりやすくなります。鼻と耳は喉をとおしてつながっているため影響を受けやすいのです。

Q.副鼻腔炎になったときの鼻水の状態は?
A.副鼻腔炎になったときの鼻水は粘り気が特徴的です。副鼻腔炎にたまった膿(うみ)が流れてきているので粘り気が増します。

Q.鼻づまりで眠れないときはどうしたらいいのか?
A.上半身が高くなるように体勢を変えてみてください。腰から頭にかけてやわらかいクッションや枕を入れると良いでしょう。そうすることで、鼻づまりが一時的に緩和できます。なぜなら、上半身を高くすることで鼻腔(びくう)に余裕が生まれるからです。ただ、あくまで一時的なので時間があればすぐに病院へ行ってください。

まとめ

いかがでしたか?鼻水が止まらなくなる症状を放置していると、中耳炎や慢性鼻炎などの病気になってしまいます。鼻水が2週間以上続いている場合はすぐ病院へ行ってください。子供や赤ちゃんの場合も不安を感じたらすぐ受診すべきです。放置すればするほど治療方法も限られてくるため、素早い対策がポイントになりますよ。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績