朝起きると喉が痛い原因と対処法は? 悪化して病気になる可能性も!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「寝る前は平気だったのに、朝起きたら喉が痛い」そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。毎朝このような症状が続くと憂鬱ですよね。ここでは、朝起きると喉が痛い原因とすぐにできる対処法をご紹介します。これで喉の痛みから解放されるかもしれません。さらに、痛みが続いた場合に考えられる病気についてもお話ししますので、病院での受診を迷われている方はどうぞ参考にしてください。

  1. 朝に喉が痛む原因は?
  2. 朝に喉が痛む場合の対処法
  3. 病院を受診すべき場合について
  4. 喉の痛みに関するよくある質問
  5. まとめ

原因が分かれば、早めに対処できますね。毎朝の喉の痛みに悩まれている方は、是非この記事を読んでみてください。


1.朝に喉が痛む原因は?

朝起きた時に喉が痛む直接的な原因は、口呼吸によって乾燥した冷たい空気が口から体内に入ることで、口の中や喉が乾燥し細菌などが侵入し、粘膜に炎症が起きることです。この項ではその原因を詳しくお伝えします。

1-1.口呼吸と鼻づまり

呼吸には鼻呼吸と口呼吸の2つがありますが、朝起きて喉が痛い人のほとんどが口で呼吸をしています。それは、鼻の粘膜にできた炎症が空気の通り道を塞いでいるからです。これを鼻づまりと呼びます。鼻づまりになりやすい主な症状はこちらです。

  • 風邪
  • 鼻炎(花粉症・アレルギー)
  • いびき

ちなみに、鼻炎におけるアレルギーといってもウイルス性のものだけではありません。中には寒暖差アレルギーといって、寒い外から暖かい部屋の中へ入り、急激な温度差が鼻の粘膜を刺激することで、アレルギー症状を起こすこともあります。寒い冬の時期では、誰にでも起こりうることなので、覚えておくと安心ですね。また、鼻が塞がることで口呼吸になるいびきも、原因のひとつとして考えられます。

1-2.寝室の乾燥

夏は冷房、冬は暖房というエアコンの使用で、室内は乾燥しがちです。口呼吸に加え、部屋が乾燥していると喉や肌の乾燥を招きます。それにより喉の粘膜がダメージを受けて起きた炎症が、朝起きた時の喉に感じるイガイガした違和感なのです。

1-3.ハウスダスト

ハウスダストと呼ばれる部屋のホコリやカビなどでアレルギーを起こし、それらを朝一番に吸い込むことで、喉がダメージを受け、痛みが出ることもあります。昼間のハウスダストと違い、睡眠時は空気の流れが止まるのでダイレクトに顔や布団の上にホコリが降りてくるのです。室内を清潔に保つことも、健康維持には必要ではないでしょうか。

12