口内炎ができやすい方必見!その原因と治療方法を紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

口内炎は口の中にできる炎症のことです。何度も繰り返し再発することも多いので、悩んでいる方も多いことでしょう。口内炎ができる原因はいろいろありますが、中には病院で治療が必要なケースもあります。

そこで、今回は口内炎の原因や対処方法をご紹介しましょう。

  1. 口内炎に関する基礎知識
  2. 口内炎の治療方法
  3. 放っておいてはいけない口内炎とは?
  4. 口内炎に関するよくある質問

口内炎が発症する原因が分かれば、予防することも可能です。口内炎がよくできるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.口内炎に関する基礎知識

はじめに、口内炎に関する基礎知識をご紹介します。どのような原因で発症することが多いのでしょうか?

1-1.口内炎とは

口内炎とは、口の中が局所的に炎症を起こす病気です。口内炎が単独で発生することもありますし、病気の症状として発生することもあります。単独で発生する口内炎を原発性口内炎といい、病気の症状として現れる口内炎を症候性口内炎と呼んで区別しているのです。口内炎が発症すると、食べ物を食べたときや飲み物を飲んだ時にしみて痛みます。また、原因によっては何もしなくても激しく痛むこともあるでしょう。

1-2.口内炎の原因について

1-2-1.口腔内のケガ

口の中をうっかり噛んでしまったり、歯の矯正器具などで口の中が傷ついたりすると、そこから雑菌が繁殖して口内炎になります。このような物理的な刺激でできる口内炎をカタル性口内炎といい、軽症で治りも早いものがほとんどです。

1-2-2.唾液の減少

唾液は、口の中を潤すとともに口の中を清潔に保つ効果があります。ですから、何らかの原因で唾液が減少すると、口の中が不潔になって口内炎ができやすくなるのです。また、唾液の減少がストレスによる場合も口内炎ができやすくなるでしょう。このような原因でできる口内炎をアフタ性口内炎といい、白っぽい潰瘍ができるのが特徴です。

1-2-3.ビタミンB2の不足

口内炎は栄養分、特にビタミンB2が不足していると口内炎ができやすくなります。暴飲暴食をしたり極端に偏食をしたりしても口内炎はできやすくなるでしょう。

1-2-4.免疫力の低下

免疫力が低下すると、普段では感染しないような細菌やウィルスに感染することがあります。また、昔感染して沈静化したウィルスが再び活発化することもあるでしょう。免疫力が低下していると、カンジタ性口内炎やヘルペス性口内炎を発症することがあるのです。特にヘルペス性口内炎を発症すると何もしなくてもひどく痛みます。免疫力が低下する原因は様々ですが、強いストレスを長期間受けつづけていても免疫力は低下するでしょう。

1-3.口内炎を発症しやすい人とは

  • 歯の矯正をしていたり入れ歯を入れていたりする方
  • 無意識に唇の内側や口腔内の肉を噛む癖のある方
  • 暴飲暴食をしやすい方や忙しくて食事がおろそかになりがちな方
  • 口の中が渇きやすい方
  • 口呼吸をしている方
  • 使用している薬の影響で免疫力が低下している方
  • 強いストレスを長期間にわたって受け続けている方

このような方は口内炎を発症しやすいでしょう。どれも当てはまらないのに頻繁に口内炎を発症するという方は、歯磨き粉に使われているラウリル硝酸ナトリウムが原因かもしれません。この物質は発泡剤として使用されており、人によっては口内炎の原因となるのです。特に思い当たる原因もないのに口内炎がよくできるという方は、お使いの歯磨き粉の成分を確認し、ラウリル硝酸ナトリウムが含まれていないものに変えてみてください。

12