鼻づまりで眠れない・寝れない生活から脱出しよう!原因・解消法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「鼻づまりが苦しくて眠れない・寝れない」「上手に呼吸できなくてつらい」など、悩んでいる方は多いでしょう。鼻づまりが長く続くほど、精神的・身体的に大きな負担がかかってしまいます。特に、睡眠時は意識がないので鼻づまりから呼吸困難になり、死に至るケースもあるのです。「自然と治る」と思うのではなく、きちんと原因を突き止めて適切な治療法をおこなっていかなければなりません。そこで、本記事では、鼻づまりで眠れない理由や原因・解消方法・治療法について詳しく説明します。

  1. 鼻づまりで眠れない理由
  2. 鼻づまりで眠れないときの解消法
  3. 鼻づまりの治療法
  4. 鼻づまりにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、鼻づまりで眠れない環境から脱出するための方法を知ることができます。鼻づまりで眠れない方や治したい方は、ぜひ参考にしてください。


1.鼻づまりで眠れない理由

鼻づまりは睡眠時の障害になります。睡眠は体を休める大切な時間です。睡眠不足になり、体調不良や不安定な精神状態になってしまいます。しっかり睡眠を確保するためにも、鼻づまりが起こる理由・原因を把握しておきましょう。

1-1.鼻づまりで眠れないメカニズム

理由について説明する前に、鼻づまりで眠れないメカニズムを把握してください。鼻づまりは、鼻腔内の粘膜が腫れ、空気のとおり道が狭くなることで起こります。実際、「昼間は大丈夫なのに、夜になると鼻づまりが悪化する」という方は多いでしょう。なぜなら、夜は副交感神経が働き、血管が広がりやすくなるからです。日中は交感神経が活性化し、血管を収縮させています。けれども、夜になると副交感神経の働きでリラックス状態になり、血管が広くなるのです。そのため、鼻腔内の粘膜が炎症しているときは、さらに鼻腔が狭くなり、苦しむことになります。

1-2.鼻づまりで眠れない理由

それでは、鼻づまりが起こる原因には一体どのようなものがあるのでしょうか。自分に当てはまるものがないかどうか、ぜひチェックしてください。

1-2-1.アレルギー性鼻炎

最も多い鼻づまりの原因が、花粉症などのアレルギー性鼻炎です。日本人のおよそ4割がアレルギー性鼻炎に悩まされています。アレルギー性鼻炎は、スギやヒノキの花粉・ホコリやノミなどのハウスダスト・空気中の化学物質が原因です。これらの物質をまとめてアレルゲン物質といいます。アレルゲン物質が体内に入り、蓄積されたときにアレルギー性鼻炎を発症するのです。鼻粘膜がアレルゲン物質に過剰に反応することで鼻づまりが起こります。また、アレルギー性鼻炎には通年性・季節性・寒暖差アレルギーの3つがあるのです。

1-2-2.鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

左右の鼻腔(びくう)をわける壁のことを鼻中隔(びちゅうかく)といいます。鼻中隔(びちゅうかく)は、軟骨(なんこつ)と骨で形成されているもので、両面は粘膜でおおわれている部位です。鼻中隔(びちゅうかく)がゆがみ、左右どちらかに突出する病気である鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)も鼻づまりの原因になります。鼻中隔(びちゅうかく)がゆがむことで空気のとおり道が狭くなるのです。鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)の原因は成長期に形成される軟骨(なんこつ)が原因になります。思春期に入ると軟骨(なんこつ)は大きくなりますが、頭蓋骨(ずがいこつ)や顔面骨はあまり発達しません。そのため、バランスが悪くなり、骨と軟骨(なんこつ)の結合部が変形します。成長スピードは人それぞれなので、全員が変形するとは限りませんよ。

1-2-3.鼻たけ(鼻ポリープ)

副鼻腔(ふくびくう)の入り口にできやすい鼻たけも鼻づまりの原因です。副鼻腔炎(ふくびくうえん)による粘膜の腫れが戻らなくなり、5mm~1cmほどのポリープができます。ポリープが空気のとおり道を妨げてしまうのです。鼻たけができたときは、病院を受診しましょう。

1-2-4.咽喉扁桃の腫れ

子どもに多く見られる鼻づまりの原因が、咽喉扁桃の腫れです。鼻からの空気のとおり道にある部位で、アデノイドとも呼ばれています。咽喉扁桃の部分が腫れあがると鼻呼吸がしにくくなるのです。特に、5~6歳の子どもによく起こります。中には、大人になっても症状が出てくることもあるのです。また、頭痛や倦怠感・悪寒・発熱も発症します。

12