鼻づまりと頭痛は関係している? 鼻炎・蓄膿症による頭痛の対処法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻づまりで息苦しい日々に悩まされている方の多くは「頭痛」を併発しています。症状を自覚しているなら改善の余地はありますが、実状ほとんどの方が「鼻づまり」と「頭痛」を別のものと思いがちです。市販の薬を購入し、その場限りの治療をおこなっていては、鼻づまりは慢性化していきます。副鼻腔炎がひどくなり、蓄膿症(ちくのうしょう)になることもあるでしょう。けれど、正しく治療すれば短期間で治る可能性があると知っておいてください。

そこで、この記事では鼻づまりと頭痛の因果関係を網羅し、改善策をまとめてみました。

  1. 鼻づまりと頭痛との関係
  2. 鼻づまりによる頭痛の原因
  3. 鼻づまりと頭痛の解消法
  4. 鼻づまりの治療法とは?
  5. 鼻づまりと頭痛に関するよくある質問
  6. まとめ

1.鼻づまりと頭痛との関係

鼻づまりと頭痛について基本情報をまとめていきます。原因を明らかにすることで、その因果関係を知ることが可能でしょう。ぜひ正しい知識を学んでおいてください。

1-1.鼻づまりの原因とは?

鼻は「ウイルス・異物」を感知すると防御反応を働かせ、鼻水やくしゃみで防ごうとします。改善が見込まれなければ外部からの侵入を完全に絶つため、鼻をつまらせて体を外敵から徹底的に守るのです。

上記の仕組みが「鼻づまりの原因」となっています。また、鼻の内部である「鼻腔(びこう)」で炎症が起きると、前述した仕組みが正常に働かないばかりか、空気の流れを妨げて「第二の鼻づまり要因」となるのです。

1-2.頭痛の原因とは?

頭痛は「睡眠不足・ストレス」によって起こることが多いとされています。一概に断定はできませんが、主な原因は脳内の血管が収縮し、もとに戻ろうと拡張する際に痛みを生じるせいです。そのほか、「二日酔い・日射病」などによる水分不足も、体温調整のために水分が使われることで脳が脱水症状となり、頭痛を引き起こします。

1-3.鼻づまりと頭痛との関係

「組織」と「網目状の骨」で隔てられているため「つながっている」とは一概にいえませんが、「鼻腔・副鼻腔」は「脳の前頭葉」に接しています。そのため、一方に異常(鼻づまりなど)があると炎症などの諸症状(頭痛など)を引き起こす可能性があるのです。

また、隔てているのはあくまで「網目状の骨」であり、微小な穴が開いています。強い細菌が鼻から侵入すれば脳にまで至る可能性はあり得るでしょう。なお、鼻腔と脳を隔てる「頭蓋底」に交通事故などで傷ができると、鼻腔の炎症や菌が脳におよび、脳膜炎を引き起こすこともあります。