扁桃腺が腫れる原因は? 対処・治療方法や予防のポイントを解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪を引く前に、扁桃腺が腫れる人も多いでしょう。扁桃腺の腫れや痛みは、繰り返しやすい症状だと言われています。毎回扁桃腺が腫れてしまうと、生活に支障をきたしてしまうでしょう。

そこで、扁桃腺が腫れる原因や対処方法・治療方法について説明します。扁桃腺が腫れていて困っている人、何とか対処したい人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 扁桃腺が腫れる原因
  2. 扁桃腺が腫れた場合の対処方法
  3. 扁桃腺の腫れの治療方法
  4. まとめ

1.扁桃腺が腫れる原因

なぜ、扁桃腺が腫れるのでしょうか? 扁桃腺の晴れは、人によってさまざまです。主に3つの原因を挙げていくので、当てはまる項目がないかどうかチェックしてくださいね。

1-1.過剰なストレスや疲れ

扁桃腺の腫れは、主に「過剰なストレス」が原因になっています。人間は生きている限り、ストレスを抱え込んでしまうものです。上手にストレスを解消していけばよいでしょう。しかし、ストレスをため込むと自律神経のバランスが崩れます。体が緊張状態になる交感神経が発達するでしょう。リラックス効果のある副交感神経が弱まってしまいます。

また、過剰なストレスだけでなく、日々の疲れも悪影響になるので要注意です。不摂生な生活ばかりしていると、徐々に免疫力が低下します。免疫力が低下すれば、そとからやってくる菌・ウイルスに対抗できなくなってしまうのです。扁桃腺に炎症が起き、赤く腫れあがるでしょう。

1-2.急激に起こる気温の変化

扁桃腺の晴れは、急激な気温の変化も影響しています。最近は、急に熱くなる、寒くなるなど、気温の変化が激しいですよね。気温の変化が激しくなると、私たちの体がついていけなくなってしまいます。気温の急激な変化についていけず、風邪を引いてしまうのです。風邪が原因になり、扁桃腺が腫れます。空気の刺激によって、扁桃腺が腫れることを覚えておいてくださいね。

空気の刺激は、気温の変化だけではありません。タバコの煙によっても、扁桃腺は大きな刺激を受けます。タバコを吸う人はもちろん、吸わない人もタバコの煙を吸ってしまうでしょう。タバコの煙は、のどに大きな負担を与えるので要注意です。

1-3.のどの乾燥状態が続く

あなたはいつも、のどが乾燥していませんか? のどの乾燥状態が続けば続くほど、扁桃腺が腫れやすいと言われています。のどの乾燥は、ウイルスや菌を招き入れてしまうのです。空気中にあるさまざまな汚れやホコリが、口の中に入ってしまうでしょう。

また、のどが乾燥しやすいほど、口呼吸をしている確率が高いです。口呼吸は、のどを乾燥状態にしてしまいます。口呼吸をしている人は、できるだけ鼻呼吸に変えてください。最初は大変ですが、徐々に慣れていくでしょう。いつまでも口呼吸をしていては、扁桃腺の腫れを繰り返してしまいます。鼻呼吸を意識すると、寝ている間も自然と鼻呼吸になるでしょう。

あなたは、口・鼻どちらで呼吸をしていますか? 改めて自分の生活を見直すことも大切ですね。

12