扁桃腺の腫れは何が原因?適切な対処や治療方法について知ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引く前に、扁桃腺が腫れる人も多いでしょう。
扁桃腺の腫れや痛みは、繰り返しやすい症状だと言われています。
毎回扁桃腺が腫れてしまうと、生活に支障をきたしてしまうでしょう。
そこで、扁桃腺が腫れる原因や対処方法・治療方法について説明します。
扁桃腺が腫れていて困っている人、何とか対処したい人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 扁桃腺が腫れる原因
  2. 扁桃腺が腫れた場合の対処方法
  3. 扁桃腺の腫れの治療方法
  4. まとめ

1.扁桃腺が腫れる原因

なぜ、扁桃腺が腫れるのでしょうか。
扁桃腺の晴れは、人によってさまざまです。
主に3つの原因を挙げていくので、当てはまる項目がないかどうかチェックしてくださいね。

1-1.過剰なストレスや疲れ

扁桃腺の腫れは、主に「過剰なストレス」が原因になっています。
人間は生きている限り、ストレスを抱え込んでしまうものです。
上手にストレスを解消していけば良いでしょう。
しかし、ストレスをため込むと自律神経のバランスが崩れます。
体が緊張状態になる交感神経が発達するでしょう。リラックス効果のある副交感神経が弱まってしまいます。
また、過剰なストレスだけでなく、日々の疲れも悪影響になるので要注意です。
不摂生な生活ばかりしていると、徐々に免疫力が低下します。
免疫力が低下すれば、そとからやってくる菌・ウイルスに対抗できなくなってしまうのです。
扁桃腺に炎症が起き、赤く腫れあがるでしょう。

1-2.急激に起こる気温の変化

扁桃腺の晴れは、急激な気温の変化も影響しています。
最近は、急に熱くなる、寒くなるなど、気温の変化が激しいですよね。
気温の変化が激しくなると、私たちの体がついていけなくなってしまいます。
気温の急激な変化についていけず、風邪を引いてしまうのです。
風邪が原因になり、扁桃腺が腫れます。
空気の刺激によって、扁桃腺が腫れることを覚えておいてくださいね。
空気の刺激は、気温の変化だけではありません。タバコの煙によっても、扁桃腺は大きな刺激を受けます。
タバコを吸う人はもちろん、吸わない人もタバコの煙を吸ってしまうでしょう。
タバコの煙は、のどに大きな負担を与えるので要注意です。

1-3.のどの乾燥状態が続く

あなたはいつも、のどが乾燥していませんか?
のどの乾燥状態が続けば続くほど、扁桃腺が腫れやすいと言われています。
のどの乾燥は、ウイルスや菌を招き入れてしまうのです。
空気中にあるさまざまな汚れやホコリが、口の中に入ってしまうでしょう。
また、のどが乾燥しやすいほど、口呼吸をしている確率が高いです。
口呼吸は、のどを乾燥状態にしてしまいます。
口呼吸をしている人は、できるだけ鼻呼吸に変えてください。最初は大変ですが、徐々に慣れていくでしょう。
いつまでも口呼吸をしていては、扁桃腺の腫れを繰り返してしまいます。
鼻呼吸を意識すると、寝ている間も自然と鼻呼吸になるでしょう。
あなたは、口・鼻どちらで呼吸をしていますか?
改めて自分の生活を見直すことも大切ですね。

2.扁桃腺が腫れた場合の対処方法

2-1.殺菌をして乾燥を防ぐ

扁桃腺が腫れた場合、どうすれば良いのでしょうか。
扁桃腺が腫れている口・のどは、菌がたくさん繁殖しています。
そのままでは、さらに菌が増殖してしまうでしょう。
菌を増やさない、中にいる菌を出すために殺菌してください。
殺菌をするため、こまめに「うがい」をしましょう。うがいは、のどを清潔にしてくれますよ。
こまめにうがいをする習慣を身につけましょう。
うがいは、扁桃腺の予防にも効果的です。
うがいで殺菌をした後は、できるだけ、のどの乾燥を防いでください。
乾燥しないよう、外出するときはマスクを着用する、家の中にいるときは加湿器をつける、こまめに水分補給をするなど、のどを潤すことが大切です。
1日1ℓ~2ℓは水分補給をしてください。水分はたくさんとっておいた方が良いですよ。

2-2.免疫力を高める

扁桃腺が腫れているのは、免疫力が低下している証拠でもあります。
よって、免疫力を高めてください。
近頃、あなたは不摂生な生活をしていませんでしたか?
コンビニ弁当やファストフードなど、栄養が偏ってしまう食生活はNGです。
免疫力を高めるため、栄養バランスの良い食事を心がけてくださいね。
ビタミン・ミネラル・たんぱく質・糖質・資質の5大栄養素をバランス良く摂取していきましょう。
特に、ビタミンCは免疫力を高める効果が強いです。
ビタミンCは、せめて1日の100mg摂取してください。
なかなかビタミンCが摂取できなかったときは、サプリメントを活用すると良いですよ。
サプリメントは気軽に摂取できます。
また、毎日の生活に運動を取り入れていきましょう。
お風呂あがりのストレッチやウォーキングでも構いません。
運動不足になっている人は特に、少しずつ運動を続けてくださいね。

3.扁桃腺の腫れの治療方法

3-1.一般的な治療は「抗生物質」の投与

扁桃腺の腫れをすぐに治したい人は、病院に診せてください。
すぐに原因を調べ、適切な治療をほどこしてくれるでしょう。
一般的な治療方法は、「抗生物質」の投与です。
抗生物質を投与することで、細菌の増殖を抑制してくれます。今以上の菌を増やさないためにも、抗生物質は効率的です。
理想的な治療方法は、抗生物質を活用しながら、自分でのどのケアをすることになるでしょう。自宅でのケアも決して怠ってはいけません。
抗生物質と同時に、腫れを抑制してくれる「鎮痛剤」を処方してくれます。
扁桃腺の炎症を抑えてくれるので、痛みがなくなるでしょう。
どうしても扁桃腺の痛みに我慢できない人は、鎮痛剤を処方してもらってくださいね。

3-2.何回も扁桃腺の腫れを繰り返す場合

扁桃腺の腫れは繰り返しやすいと言われています。
やっと治ったかと思ったらすぐに腫れる、繰り返し続けていると本当にだるくなるでしょう。
何回も扁桃腺の腫れを繰り返す場合は、「手術」をすることもあります。
菌が感染している部分を手術で切り取るのです。軽症なら手術をする必要はありません。
しかし、何回も扁桃腺が腫れてしまう人は、手術を検討してみてはいかがでしょうか。
自分では判断できないので、病院でしっかり検査してもらってください。
そして、検査結果を考慮しつつ、手術をするか決めていきましょう。
何度も扁桃腺の腫れで悩むよりは、思いきって手術した方が安心ですね。
医者としっかり話し合ってくださいね。

4.まとめ

扁桃腺が腫れる原因や腫れた場合の対処方法、治療方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
扁桃腺が腫れたときの対処法を把握しておけば、スムーズに炎症や痛みが治まります。
また、日ごろから扁桃腺にならないよう、対策をすることが大切ですよ。
しっかり対策をしておけば、扁桃腺の腫れで悩むこともありません。
自分の生活を見直してみてくださいね。

  • 過剰なストレスや疲れ
  • 急激に起こる気温の変化
  • のどの乾燥状態が続く
  • のどの殺菌をして乾燥を防ぐ
  • 免疫力を高める
  • 一般的な治療方法は「抗生物質」の投与
  • 扁桃腺の腫れを抑える「鎮痛剤」
  • 何回も繰り返す場合は「手術」の選択もある

以上は、押さえておきたいポイントになります。
なぜ、扁桃腺が腫れているのか原因を調べましょう。
原因がわかれば、適切な治療法・対策もわかるものです。
腫れが引かない場合は、すぐ病院へ行ってくださいね。
できるだけ早めに治した方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加