外耳炎の症状や原因、治療・予防のポイントを徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

耳の痛みやかゆみでお悩みではありませんか? こうしたときに考えられる病気が外耳炎です。中耳炎と違って軽症で済むことが多いので放置する人もいるようですが、治療が必要な場合もありますし、再発するケースも少なくありません。耳に違和感がある状態が続くなら、早めに耳鼻科を受診することをおすすめします。「外耳炎とはどのような症状なのか?」「放っておくとどうなる?」「どんな治療方法があるの?」そんな人たちのために、外耳炎に関する情報をまとめてみたいと思います。いつまでも健康な耳を維持するために、正しい知識を身につけておきましょう。

  1. 外耳炎の症状
  2. 外耳炎になってしまう原因
  3. 放っておくとどうなってしまうのか
  4. どのような治療法があるのか
  5. 治療時の注意点
  6. まとめ

1.外耳炎の症状

まず外耳炎の症状にはどのようなものがあるのでしょうか? 耳に痛みを感じて「外耳炎かもしれない」と思う人は少ないかもしれません。耳が痛くなる病気は他にもたくさんありますので、まずは外耳炎の主な症状を知っておきましょう。

耳の穴から鼓膜までを「外耳」と呼び、この部分に炎症が起こると「外耳炎」になります。外耳炎になると耳に痛みを感じますが、特に引っ張ったり押したりすると強く痛むはずです。

その他の症状として、耳だれやかゆみ、ヒリヒリとした灼熱感があります。外耳炎はもともと外耳に異常がない人であれば、放っておいても数日で自然に治癒するでしょう。

もし、2~3日経っても症状がおさまらないなら、耳鼻科での治療が必要です。特に、免疫疾患を持っている人は再発しやすいので、確実に完治させておくことが大切になります。

こんな症状は要注意!外耳炎のセルフチェック

  • 外耳を触ると痛い
  • 外耳がかゆい
  • 外耳から耳だれが出てくる
  • 外耳をそっと綿棒で触ると、膿のような物がついてくる

このような症状がある場合は、至急耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。かゆいからといってかきむしると余計に悪化します。

実は一つではない!? 外耳炎の種類

外耳炎には、以下のような種類があります。

  • 急性限局性外耳道炎:外耳が細菌感染することによって起こり、激しい痛みが特徴です。糖尿病やガンなどを発症しているとかかりやすく、海やプールなど雑菌が繁殖している水に浸かっても発症することがあります。
  • びまん性外耳炎:耳掃除のし過ぎなどで細菌感染を起こすことによって発症します。中耳には影響はありません。
  • 外耳道湿疹:アレルギーによって外耳に湿疹ができる病気です。シャンプーなどの刺激で発症することもありますし、アトピー性皮膚炎が耳の中まで広がって発症することもあります。痛みよりもかゆみが強く皮膚がはがれることもあるのが特徴です。
  • 外耳性真菌症:真菌というカビの一種に感染することによって発症します。強いかゆみが特徴で、自然治癒しにくいのが特徴です。

どのような種類にしろ、耳鼻科や耳鼻咽喉科で適切な治療が必要です。

中耳炎と外耳炎の違いとは?

中耳とは、鼓膜より内側の部分を指します。外耳は耳の入り口から鼓膜までの部分です。中耳炎は主に細菌感染で発症し、耳が聞こえにくくなるといった症状や痛みが出ます。一方、外耳炎の場合はかゆみや痛みが主な症状であり、聴力の低下などは起こりにくいのが特徴です。また、かゆみが強い場合はかきむしって悪化しやすいので、注意しましょう。