蓄膿症の症状と原因は? 対策と治療・予防方法を徹底解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「蓄膿症」と呼ばれる病気をご存知でしょうか? 風邪から蓄膿症を起こす子供が増えてきています。膿が鼻の中に溜まってしまうので臭いも発生し、頭痛も起きるケースが多いです。蓄膿症を放置するとさらに状態が悪化するので気をつけてください。

では、なぜ蓄膿症が起こるのでしょうか? 原因や症状について知り、対策を立てていきましょう。蓄膿症に大きく関係している「ストレス」についても詳しく説明します。蓄膿症で悩んでいる人はぜひチェックしてください。

  1. 蓄膿症の症状について
  2. 蓄膿症の原因について
  3. 蓄膿症の治療方法と予防法
  4. まとめ

1.蓄膿症の症状について

蓄膿症にはさまざまな症状があります。副鼻腔に膿が溜まり、鼻の中が炎症する病気なので主に鼻に症状が現れるでしょう。では実際にどのような症状がみられるのか詳しく説明します。

1-1.鼻づまりと鼻水

蓄膿症の症状でよくみられるのが「鼻づまり」と「鼻水」です。副鼻腔に膿が溜まると鼻から空気が上手に吸えず、常に違和感を感じるようになります。炎症が長引けば長引くほど鼻づまりの症状が悪化するでしょう。鼻腔をふさいでしまうため、口でしか呼吸ができず喉を痛める人も少なくないです。

そして、蓄膿症の鼻水には“黄色い”“ドロッとしている”2つの特徴が見られます。花粉症や風邪によって出る鼻水は透明ですが、蓄膿症は膿が出ているのでドロッとした黄色い鼻水に。さらに症状が悪化すると黄色から緑色になるのです。

鼻水の様子によって蓄膿症かどうか判断することもできるでしょう。また、鼻水をいくらかんでも鼻の中に残っているように感じるのも蓄膿症の特徴です。

1-2.頭痛や顔の痛み

頭が重たい、集中できない、頭痛がする、ボーっとするといった症状も蓄膿症の特徴です。鼻の違和感だけでなく、ほかの部分にもさまざまな悪影響がやってくるので注意してください。なんとなくボーッとする日々が続くと仕事や学業にも支障をきたしかねません。生活にもハリがなくなってしまいます。

また、頭だけでなく顔の痛みにも症状が現れるので要注意です。全体的に顔が痛い、鼻の周りが痛い、歯や目が痛いなどあちこちに痛みがやってきます。なぜ顔にも痛みがやってくるのかというと、副鼻腔に溜まった膿が顔を圧迫しているからです。よって顔中のあちこちに痛みを感じるようになるのでしょう。

1-3.スムーズに会話できないほどの臭い

蓄膿症は頭痛や鼻づまり、鼻水だけではありません。鼻汁が臭うケースもみられ、会話がスムーズにできないほど嫌な臭いが発生する人も少なくありません。本当は蓄膿症による臭いなのに「口臭がひどいのかな」「体臭がひどい」と勘違いしてしまいます。

鼻づまり・鼻水と同時に臭いが発生する場合は蓄膿症が原因かもしれません。あまりにも臭いがひどいと仕事にも悪影響を及ぼします。とくに女性は臭いに敏感です。すぐに解消しなければなりません。

また、臭いと同じく「味覚感覚」がなくなるのも蓄膿症の症状になります。食べ物の味がしないと感じる人は蓄膿症の疑いがあるのですぐに耳鼻科を受診してください。

12