喉の炎症でお悩みの人必見! 炎症を抑える方法や治療法5つのポイント

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「喉の痛みや腫れが続いている」「喉がつっかえて食べ物が飲み込みづらい」……。そんな症状でお悩みではないですか? 喉に不快感や違和感を覚えながらも、「ただの風邪だろう」と喉あめをなめたり市販の風邪薬を飲んだりするだけで放置している人もいるでしょう。けれども、喉の炎症は、風邪以外にも病気のサインであることも多いのです。悪化する前に早めに対処してください。そこで、喉の炎症から考えられる病気やセルフケア、治療についてご紹介します。

  1. 喉の炎症とは
  2. 喉の炎症から考えられる病気
  3. 喉の炎症の治療法、セルフケア
  4. 喉の炎症の治療について
  5. 喉の炎症〜よくある質問〜

この記事を読むことで、喉の炎症に関する疑問やお悩みが解決できるでしょう。ぜひお役立てください。


1.喉の炎症とは

喉の炎症でお悩みの人

喉に痛みや腫れ、発熱などを引き起こします

喉の炎症を予防・改善するために、まずは「喉の炎症」に関する基礎知識を学びましょう。

1-1.喉の炎症とはどういう状態か

病気になったとき、よく「炎症を起こしている」という表現を使いますよね。「炎症」とは、「細菌やウイルスなどの攻撃を察知して、自分で治そうとする反応」のことです。攻撃により傷ついた細胞が信号を発することで、普段は血管内に存在している炎症細胞が集まります。そして、痛みを感じさせる物質や発熱させる物質を放出するため、熱・痛み・腫れ(はれ)などの症状を引き起こすのです。「喉の炎症」は、喉に痛みや腫れ、発熱などを引き起こした状態になります。

1-2.喉のメカニズムと炎症の原因

通常、喉は「繊毛(せんもう)」という繊維状の組織で覆われていて、ウイルスや病原菌が肺まで行かないよう防いでいます。ところが、喉が乾燥すると繊毛(せんもう)も乾燥し動きが鈍くなってしまうのです。そして、ウイルスや病原菌に感染し、痛みや腫れなどの炎症や、イガイガ感などを引き起こします。

また、喉の炎症は「物理的な喉への刺激」も原因となるのです。乾燥だけではなく、声の出し過ぎ・日常的な飲酒や喫煙・花粉症・アレルギーなどが原因で起こることもあります。さらに、喉の炎症にはさまざまな病気が潜んでいることもあるのです。喉の炎症に関係する病気については、後の項でご説明しましょう。

1-3.主な症状

喉に炎症があると、以下のような症状が起こります。

  • 喉の痛みや腫れ、違和感
  • 声が出しにくい、声がかれる
  • せきやたんが出る
  • たんに血が混じる
  • 喉が腫れて食べ物や飲み物が飲み込めない、むせる

1-4.喉に炎症を起こしやすい人

以下のような人は、喉に炎症を起こしやすくなります。

  • 空気が乾燥した環境にいる
  • ドライマウス
  • 口呼吸
  • 風邪をひきやすい
  • 仕事で声を酷使している
  • 日常的に喫煙や飲酒をしている
  • 高齢者

2.喉の炎症から考えられる病気

喉の炎症から考えられる病気

扁桃腺炎は、細菌やウイルスの感染による病気

喉に軽い痛みや違和感がある程度なら、多くの人は「そのうち治るだろう」「ただの風邪だろう」と軽視して放置しがちです。けれども、喉の炎症にはいろいろな病気が潜んでいることもあります。どのような病気が考えられるのでしょうか。

2-1.喉の炎症から考えられる病気とは

2-1-1.風邪

風邪は、正式には「風邪症候群」といいます。鼻や喉などの「上気道」が、細菌やウイルスに感染して急性の炎症が起こる症状です。喉の痛みや腫れだけではなく、せき・たん・くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・発熱などの症状も起こります。

2-1-2.咽頭炎

咽頭炎は、鼻腔(びくう)や口腔(こうくう)の奥にある「咽頭」に炎症が起きる病気で、喉の痛みや発熱、全身のけんたい感などの症状が現れます。咽頭炎は大きく分けると、急性咽頭炎・慢性咽頭炎・咽頭特殊感染症の3つに分かれるのです。
急性咽頭炎は、アデノウイルスなどのウイルス感染やインフルエンザ菌など細菌感染が原因になることが多く、治らないまま慢性化することで慢性咽頭炎となります。さらに、咽頭特殊感染症は、クラミジア・結核菌・ジフテリア菌などの特殊な病原体が原因です。

2-1-3.扁桃腺炎(へんとうせんえん)

喉ちんこの左右横にある、口蓋扁桃に強い炎症を起こした病気が「扁桃腺炎(へんとうせんえん)」です。扁桃腺炎(へんとうせんえん)は、強い喉の痛みと発熱が起きる病気で、口を開けてのぞくと赤く腫れていたり白い膿のようなもので覆われたりします。扁桃腺炎(へんとうせんえん)は、細菌やウイルスの感染による病気です。

2-1-4.急性咽頭蓋炎

声帯のすぐ上にある咽頭蓋に炎症が起き、腫れて気道をふさぐ病気です。呼吸困難を起こすこともあります。原因は細菌感染で、ほとんどがB型インフルエンザ菌によるものです。

2-1-5.扁桃周囲膿傷

扁桃周囲膿傷は、急性扁桃腺炎に引き続いて発症する病気です。強い喉の痛みがあり、感染が広がると耳まで痛みを感じるようになったり口を開くのが困難になったりすることもあります。また、嚥下(えんげ)痛(飲み込むときの痛み)も強くなるため、よだれがたれるようになるのです。高熱や全身のけんたい感をともないます。

2-1-6.ポリープ

喉を酷使したり炎症が起きたりすると声帯の粘膜が充血し、粘膜下に血腫ができてふくれます。その状態を放置して声を出し続けるとポリープになるのです。体質的なものもありますが、喉を使う仕事の人やヘビースモーカーができやすいといわれています。

2-1-7.がん

中高年層の男性に圧倒的に多いのが「喉頭(※1)がん」や「咽頭(※2)がん」です。患者の9割は男性で、習慣的に喫煙と飲酒をする人が多いといわれています。声のかすれや喉の痛み、食べ物を飲み込むと痛いなどの症状が続くのが特徴です。また、耳の下のリンパ節が腫れている場合は転移している可能性も高くなります。

  • ※1 喉頭(いんとう):鼻から食道につながる部分で食事の通り道
  • ※2 咽頭(こうとう):喉ぼとけがある部分で空気の通り道

2-2.放置するとどうなるか

前項で挙げたように、喉に炎症が起きる病気にはいろいろあります。喉の痛みや違和感など、気になる症状が数週間も続くようなら、放置しないで耳鼻咽喉科を受診しましょう。放置すると炎症が慢性化したり悪化したりするので注意が必要です。また、喉の炎症はがんのサインである場合も考えられます。軽い炎症でも数週間続くようなら、検査をしてもらいましょう。

3.喉の炎症のセルフケア

喉の炎症のセルフケア

こまめにうがいをすることが大切です

自分でできる、「喉の炎症のケア方法」をご紹介しましょう。喉の病気の予防にもなるので毎日でも行いたいものです。

3-1.うがい

乾燥やウイルス、細菌など常に危険にさらされている喉は、こまめにうがいをして守りましょう。予防のためのうがいなら、水道水だけで十分ですが「正しい順番」で行うことが大切です。

  • 最初に、水を口に含んでゆすぎ食べ物のカスなどを取り除く
  • 新しい水を含んで上を向き、15秒ほどガラガラうがいをする
  • 2〜3回繰り返す

また、喉に痛みや腫れがある場合は、殺菌作用のあるうがい薬が有効です。医師の診断を受けて、症状に合ったものを処方してもらうほうがいいでしょう。

3-2.温める・冷やす

風邪をひいて喉に炎症を起こしている場合は、喉を温めたほうが有効です。温めることにより血行がアップし、炎症を抑えて痛みを緩和してくれます。マフラーやネックウォーマー、タオルなどを首に巻きましょう。ただし、大声を長時間張り上げたなど、喉を酷使した後に痛みを感じる場合は、喉の筋肉が炎症を起こしているので冷やすほうがおすすめです。

3-3.保湿する

喉に炎症があるときもないときも、常に保湿を心がけることが大切です。乾燥は喉にとって大敵で、ウイルスや細菌の繁殖が活発になってしまいます。加湿器を使って部屋の乾燥を防ぎましょう。部屋で使う加湿器と、デスク周りやベッドサイドで使用できる卓上加湿器の両方を使うほうがおすすめです。寝るときに市販のぬれマスクを使用するのもいいでしょう。

3-4.喉のセルフケアにいい食品

喉の炎症をケアできる食べ物をご紹介しましょう。

3-4-1.大根

大根には炎症を抑える効果があります。一口サイズにカットした大根とはちみつを1日ビンに入れて漬けた「大根あめ」もおすすめです。紅茶や緑茶に入れて飲みましょう。

3-4-2.梨

漢方では、梨は「喉と肺を潤す」といわれています。また、梨のエキスにはせきやたんを鎮める効果があるともいわれているのです。梨は水分がたっぷりで、ビタミンやカリウムも豊富なので、風邪で熱があるときには最適の果物といえます。

3-4-3.れんこん

れんこんには炎症を抑える働きがあります。すりおろしたほうが効果が上がるのでスープなどにしてください。

3-4-4.はちみつ

はちみつも喉の炎症には有効な食べ物です。また、胃腸の調子を整え疲労回復効果も期待できます。そのままなめてもいいのですがお湯にレモン汁や生姜(しょうが)のしぼり汁などと一緒に入れたり紅茶に入れたりして飲むのもおすすめです。ただし、はちみつは乳児ボツリヌス症を発症する危険があるので生後12か月以下のお子さんには与えないでください。

3-5.市販薬について(種類、注意点、副作用など)

喉の炎症に効果が期待できる市販薬をご紹介します。

3-5-1.トラネキサム酸

喉に炎症があるときに処方される、代表的な薬の1つです。口腔(こうくう)内や喉の炎症を鎮める働きがあります。トラネキサム酸は副作用が少なく安全性が高いお薬で、ジェネリック医薬品なので安いのもメリットです。先発品のトランサミンにおいては、1%以下の食欲不振・悪心・嘔吐・胸焼けなどの副作用が報告されています(市販薬:ペラックT錠・ハレナース・アスゲンT錠など)。

3-5-2.非ステロイド性抗炎症剤

喉の痛みがひどいときには、病院でも非ステロイド性抗炎症剤が処方されることもあります。鎮痛効果や解熱効果もありますが、あくまでも一時的なもので原因を治すものではありません。副作用として胃もたれ・胃痛・食欲不振ほか消化器官障害や腎障害・肝障害などが挙げられます(市販薬:ロキソニンS・イブA錠EXなど)。

3-5-3.アセトアミノフェン

喉の炎症だけではなく熱や鼻水なども抑えるなど、総合的な効果が期待できます。効果が穏やかで副作用が少ないために妊婦さんや小さなお子さんにも用いられる薬です。

3-5-4.アズレンスルホン酸ナトリウム

抗炎症効果があり、喉の腫れや痛みなどを和らげます。安全性は比較的高い薬です(市販薬:水溶性アズレンうがい薬・ルル喉スプレー・パブロントローチAZなど)。

3-6.やってはいけないこと・注意点

市販薬を飲むときは、使用上の注意をよく読み用量用法を守って服用してください。また、症状がよくならない場合は早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。喉の炎症が長引いている場合、「2-2.放置するとどうなるか」でも挙げたように大きな病気が隠れていることもあります。また、喉に炎症がある場合は、以下のものは刺激を与えてしまうので避けてください。

  • 刺激の強いもの(唐辛子・生にんにく・からし・わさび)
  • かんきつ類の果物
  • アルコール
  • カフェインの多い飲み物(脳が興奮してからだを癒やすときに活性化する副交感神経がうまく働かないので)

4.喉の炎症の治療について

喉の炎症の治療について

症状は正確に伝えましょう

「喉が痛いだけだからそのうち治るだろう」と自己判断で市販薬を飲み続けている人は少なくありません。「喉の炎症くらいで仕事を休めない」という人もいるでしょう。しかしながら、放置していると炎症は悪化してしまいます。早めに病院に行けばそれだけ早く治る可能性は大なのです。

4-1.受診すべき症状

以下の症状が数週間続いている場合は、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

  • 喉の痛み
  • 腫れ
  • せきが止まらない
  • 声が嗄れてきた
  • 嚥下(えんげ)がしづらい
  • 会話がしづらい
  • 発熱がある

4-2.検査・診断方法

基本的には、最初は問診から始めます。どのような症状なのか、その症状はいつから始まったのか、喉以外に具合の悪いところはあるかなどを聞かれるでしょう。伝えたいことはメモしておくと正確に伝えることができます。そして、触診、視診をした後、症状によっては咽頭ファイバースコープ・レントゲン・CT・血液検査・組織検査・MRIなども行うでしょう。

4-3.主な治療法

喉の炎症は、ポリープやがんでなければ投薬治療を行います。病気の種類や症状にあった薬を処方して、炎症の原因となっている細菌やウイルスを退治し、炎症を鎮静化するのです。ただし、慢性的な扁桃腺炎などの場合は手術を行うこともあります。

4-4.病院の選び方

風邪が治らない、喉の炎症や違和感などが続いているなどの場合は、内科ではなく喉の専門家である「耳鼻咽喉科」の受診をおすすめします。経験・実績が豊富な病院を選んでください。

5.喉の炎症〜よくある質問〜

喉の炎症のよくある質問

喉の炎症に関してよくある質問をご紹介しましょう。

Q.喉の痛みが続いているので近所の病院を受診しました。問診と視診だけで薬を処方してもらったのですが治りません。専門医に行ったほうがいいでしょうか?

A.炎症が続く場合は、詳しく診察をする必要があります。肉眼では見ることのできない喉の様子をファイバースコープなどで診察し、必要であればレントゲンやCT検査も必要です。

Q.オフィスが乾燥しているので喉が痛くなります。自分でできる乾燥対策を教えてください。

A.オフィスでも使える加湿器を利用してみましょう。最近では、電気を使用しないものやUSB電源のものなど便利でコンパクトな製品がいろいろあります。もし、加湿器を置けないオフィスなら、大きめのマグカップにお湯を入れて置くだけでもいいでしょう。オフィスにいる間はぬれマスクをつける、こまめにペットボトルの水で喉を潤すなどしてください。

Q.風邪をひくとすぐ喉が痛くなります。喉を丈夫にする方法を教えてください。

A.風邪をひかないように予防に気をつけることが大切です。帰宅後や外出後はこまめな手洗い・うがいを行い、ウイルスや細菌を体内に入れないようにしましょう。また、マスクや加湿器などで喉を常に潤すことも心がけてください。また、冬場は喉を冷やさないようにマフラーやネックウォーマーで保温することも大切です。

Q.寝ているときのいびきが異常にうるさいと家族にいわれています。朝起きると喉が痛く睡眠時間は十分にとっているのに疲れがとれません。病気でしょうか?

A.「睡眠時無呼吸症候群」の可能性もあります。放置しないで専門医で検査を受けてください。鼻炎による鼻詰まり、舌や扁桃炎の肥大、肥満などいろいろな原因があります。川村耳鼻咽喉科クリニックでは、内視鏡やレントゲン、CTなどを用いた高度な検査を行ってから、患者さんの症状にあった治療を行うのです。まずは、こちらからお気軽にご相談ください。

Q.喉の保湿のために加湿器を使いたいと思います。どれくらいの湿度を保てばいいですか?

A.部屋の湿度は40〜60%が最適とされています。加湿しすぎると細菌が繁殖したりカビが生えたりするので注意してください。また、加湿器を使用するときにはフィルターなどのお掃除やお手入れはこまめに行い、常に清潔な状態を保ちましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 喉の炎症の原因や病気、対処法などをご紹介しました。喉に痛みや腫れなどを感じでも、「風邪だろう」と自己判断して病院に行かずに放置してしまう人は少なくありません。しかしながら、喉の炎症は病気のサインである可能性も高いのです。熱やけんたい感など、風邪の症状がなくても、喉の炎症が続く場合は必ず専門医の診察を受けてください。内科よりも検査設備の整った耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績