喉の炎症でお悩みの人必見! 炎症を抑える方法や治療法5つのポイント

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「喉の痛みや腫れが続いている」「喉がつっかえて食べ物が飲み込みづらい」……。そんな症状でお悩みではないですか? 喉に不快感や違和感を覚えながらも、「ただの風邪だろう」と喉あめをなめたり市販の風邪薬を飲んだりするだけで放置している人もいるでしょう。けれども、喉の炎症は、風邪以外にも病気のサインであることも多いのです。悪化する前に早めに対処してください。そこで、喉の炎症から考えられる病気やセルフケア、治療についてご紹介します。

  1. 喉の炎症とは
  2. 喉の炎症から考えられる病気
  3. 喉の炎症の治療法、セルフケア
  4. 喉の炎症の治療について
  5. 喉の炎症〜よくある質問〜

この記事を読むことで、喉の炎症に関する疑問やお悩みが解決できるでしょう。ぜひお役立てください。


1.喉の炎症とは

喉の炎症を予防・改善するために、まずは「喉の炎症」に関する基礎知識を学びましょう。

1-1.喉の炎症とはどういう状態か

病気になったとき、よく「炎症を起こしている」という表現を使いますよね。「炎症」とは、「細菌やウイルスなどの攻撃を察知して、自分で治そうとする反応」のことです。攻撃により傷ついた細胞が信号を発することで、普段は血管内に存在している炎症細胞が集まります。そして、痛みを感じさせる物質や発熱させる物質を放出するため、熱・痛み・腫れ(はれ)などの症状を引き起こすのです。「喉の炎症」は、喉に痛みや腫れ、発熱などを引き起こした状態になります。

1-2.喉のメカニズムと炎症の原因

通常、喉は「繊毛(せんもう)」という繊維状の組織で覆われていて、ウイルスや病原菌が肺まで行かないよう防いでいます。ところが、喉が乾燥すると繊毛(せんもう)も乾燥し動きが鈍くなってしまうのです。そして、ウイルスや病原菌に感染し、痛みや腫れなどの炎症や、イガイガ感などを引き起こします。

また、喉の炎症は「物理的な喉への刺激」も原因となるのです。乾燥だけではなく、声の出し過ぎ・日常的な飲酒や喫煙・花粉症・アレルギーなどが原因で起こることもあります。さらに、喉の炎症にはさまざまな病気が潜んでいることもあるのです。喉の炎症に関係する病気については、後の項でご説明しましょう。

1-3.主な症状

喉に炎症があると、以下のような症状が起こります。

  • 喉の痛みや腫れ、違和感
  • 声が出しにくい、声がかれる
  • せきやたんが出る
  • たんに血が混じる
  • 喉が腫れて食べ物や飲み物が飲み込めない、むせる

1-4.喉に炎症を起こしやすい人

以下のような人は、喉に炎症を起こしやすくなります。

  • 空気が乾燥した環境にいる
  • ドライマウス
  • 口呼吸
  • 風邪をひきやすい
  • 仕事で声を酷使している
  • 日常的に喫煙や飲酒をしている
  • 高齢者