喉が弱い人とお悩みの方必見!風邪予防や負担を抑える方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

喉が弱いとすぐに声が枯れてしまったり風邪を引いたりしてしまいます。喉が弱いことに不安を抱いている人も多いでしょう。

この記事では、喉が弱い人の風邪予防や喉が弱い原因、負担を抑える方法について説明しましょう。自分は喉が弱いからと悩んでいる人は、この記事を読むことで解決策が見つかるかもしれません。ぜひ、この記事を最後まで読んで自分に合った対策方法を見つけてください。

  1. 喉が弱い人の風邪予防
  2. 喉が弱い原因
  3. 喉の負担を抑える方法
  4. まとめ

1.喉が弱い人の風邪予防

いつも喉から痛みが発生して風邪を引いてしまう人も多いでしょう。喉が痛くなると日常生活にも支障が出てしまいます。喉が弱い人は入念に風邪の予防をすることが大切です。喉が弱い人の風邪予防について説明しましょう。

1‐1.「手洗い」「うがい」は基本中の基本

喉が弱い人は風邪を引く前の予防が大切になります。そとから帰った後、あなたはうがいや手洗いをしているでしょうか。「手洗い」「うがい」は基本中の基本になります。会社や学校から帰ってきた後、必ず手洗いうがいをしてウイルス・菌を体内に取り入れないようにしましょう。

基本的にウイルス・菌は手から口に入り喉に炎症を起こすと言われています。普段から髪の毛を触る、電車のつり革などさまざまなものに触れるでしょう。触れたものに菌がついていてはそのまま口の中に入ってしまいます。できるだけウイルスや菌を入れないようにしましょう。菌・ウイルスを防ぐためにも「手洗い」「うがい」が1番効果的なのです。2つセットで毎日することを心がけてくださいね。

1‐2.喉の乾燥を防ぐポイント

喉が弱い人の風邪予防は「喉の乾燥を防ぐこと」です。喉粘膜は常に潤いで満たしておかなければなりません。潤いがなくなり乾燥すればウイルスや菌が入り込みやすくなり喉の炎症が起こります。

特に、乾燥がひどくなる「冬場」は気をつけなければなりません。外気の空気が喉に入り込むたび潤いで包まれていた粘膜が乾燥してしまうのです。喉粘膜の乾燥を防ぐポイントは「外出時にマスクをする」ことになります。乾燥防止用マスクが発売しているのでぜひチェックしてください。

冬場や風邪を引きやすい時期は必ずマスクをつけましょう。また、室内にいるときも工夫が大切ですよ。室内にいるときは「加湿器」を利用してください。部屋の湿度をできるだけ50%~60%に保ち続けましょう。そして、こまめに水分補給することも大切なポイントになります。

1‐3.栄養バランスの良い食事を心がける

風邪予防は内面からすることも大切です。体の中から健康状態を維持し続けていかなければなりません。できるだけ栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

バランスの良い食事はもちろん、免疫能力を高めてくれる「ビタミンB」を摂取してください。ビタミンBは免疫作用に働きかける力を持っています。免疫作用への働きかけはもちろん、ウイルスや菌から喉粘膜を守ってくれるのです。

また、ビタミンBの力を強めるため「ビタミンC」も同時に摂取してください。ビタミンBが入っている豚肉・レバー・ほうれん草・かつお、ビタミンCが入っている果物や野菜をとりましょう。栄養バランスの良い食生活を続けていけば喉粘膜の潤いも維持できるのです。

2.喉が弱い原因

2‐1.「口呼吸」をしている人が多い

喉が弱い人には何かしらの原因があります。中には生まれつき喉が弱い人もいますが、ほとんどは「口呼吸」が原因になっているのです。あなたは鼻に問題はありませんか?

ほとんどの人が「問題ない」と言いますが、調べてもらうと鼻のとおりが悪くなっている人が多いのです。鼻のとおりが悪くなると自然と口呼吸になってしまいます。口で呼吸するほど喉に外気が入ってしまうでしょう。そのため、喉が弱くなってしまうのです。

鼻呼吸であれば鼻の中にあるさまざまな機能が空気中のほこりを取りのぞいてくれます。口には鼻に備わっている機能がありません。ほこりを取りのぞく機能がないため、ほこりが直接喉についてしまうのです。自分は口呼吸をしているかどうか改めて確認してください。

2‐2.「耳鼻」に問題がある

喉が弱い原因は喉にあると思ってしまいますよね。しかし、ほとんどの人は喉に原因があるわけではありません。「耳鼻」に問題があるのです。

実際、耳鼻科で調べてもらったら喉ではなく耳鼻に問題があったという人が結構いました。そのため1度耳鼻科に診せてください。喉が弱い原因をきちんと自分で把握しなければ改善できないでしょう。まずは、自分の喉が弱い原因を見つけることが大切です。耳鼻科に診せることでハッキリとした原因がわかります。そして、どうすれば改善できるのか適切な治療ができるのです。

あまりにも状態がひどい場合は手術をする必要もあります。けれども、調べてみなければわからないことなので耳鼻科に1度診せることが大切ですよ。

3.喉の負担を抑える方法

喉に負担をかけないためにも、まずは「規則正しい生活習慣」を心がけてください。

日々の生活が不規則になっている人はなおさらのこと規則正しい生活習慣に改善しなければなりません。睡眠をしっかりとる、栄養バランスの良い食事を心がける、適度な運動をするなど工夫することが大切です。

「運動」「食事」「睡眠」の3点には注意してください。そして、「ストレス」にも注意しておかなければなりません。喉の弱さはストレスと大きく関係しています。ストレスを強く感じるほど自律神経が乱れてしまうでしょう。自律神経が乱れると体が緊張状態になってしまいます。緊張状態が長く続けば続くほど喉は弱くなってしまうのです。喉に負担をかけないためにも生活習慣を改善してくださいね。

4.まとめ

喉が弱い人の風邪予防、喉が弱い原因や負担をかけない方法について説明しましたが、いかがでしたか? 「喉が弱いから…」と諦める必要はありません。日ごろのケアを入念に行い、毎日対策をすることで喉を守ることができます。規則正しい生活習慣を送り、喉へのケアを忘れずにしていきましょう。

  • 「手洗い」「うがい」は基本中の基本
  • 喉の乾燥を防ぐポイント
  • 栄養バランスの良い食事を心がける
  • 「口呼吸」をしている人が多い
  • 「耳鼻」に問題がある
  • 規則正しい生活習慣を心がける

以上のポイントは要チェックです。喉が弱い人の大半は「耳鼻」に問題があると言われています。そのため、1度耳鼻科に診せてください。耳鼻科に診せて喉が弱い原因をハッキリすることが大切です。原因を見つけて適切な方法で対処していきましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績