喉が腫れる原因や考えられる病気は?治療方法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

立春は過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。2月いっぱいは風邪やインフルエンザをはじめとする感染症も猛威を振るうことでしょう。風邪をはじめとする感染症にかかると鼻水や咳といった症状の他、、喉が腫れる方も多いと思います。たいていの喉の腫れはしばらく安静にしていれば治まりますが、中には病院で治療を受けることが必要なケースもあるのです。

そこで今回は、喉が腫れる原因や対処方法をご紹介します。

  1. 喉が腫れる原因とは
  2. 喉の腫れは放置されがち?
  3. 喉の腫れた時の治療方法
  4. 喉の痛みをセルフケアする方法
  5. 喉の腫れに関するよくある質問

喉が腫れる原因や対処法が分かっていれば、喉が腫れた時、すぐに適切な治療を受けることができます。喉がよく腫れて痛みが出るという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.喉が腫れる原因とは?

はじめに、喉が腫れる原因をご紹介しましょう。どのような病気があるのでしょうか?

1-1.風邪症候群などの感染症

風邪症候群などの感染症にかかると、喉の粘膜にも細菌やウィルスが繁殖して喉が腫れることがあります。鼻水や咳といった症状と一緒に現れることが多く、長くても2週間以内に症状が治まることがほとんどです。
なお、インフルエンザウィルスが喉頭蓋(こうがいとう)という部分に感染すると、喉頭蓋炎という病気を発症しひどい場合は呼吸困難を引き起こす可能性があります。そのため、インフルエンザで喉が腫れた場合はより注意が必要です。

1-2.咽頭炎

咽頭炎とは、口の奥にある咽頭という部分が細菌に感染して炎症を起こす病気です。喉の腫れとして感じられるのは、口の奥にある中咽頭とその下にある下咽頭いう部分が腫れた時になります。ちなみに鼻と喉の境目は上咽頭といい、ここが細菌に感染すると鼻の奥の痛みとして感じるのです。咽頭炎は慢性化することもあり、発病すると発熱を伴うこともあります。

1-3.扁桃炎

扁桃とは、舌の奥にある免疫細胞を多く含む器官です。ウィルスや細菌に対するセンサーの役割を担っており、それらに感染しやすく、感染すると腫れあがるという性質を持っています。風邪やインフルエンザと同時に発症することもあり、主に子どもが発症する病気です。また、大人になっても抵抗力が落ちた時に口腔内にある常在菌に感染して発症することもあります。喉の腫れと共に高熱が出ることが特徴です。慢性化すると非常に厄介で、扁桃の摘出をすすめられることもあります。

1-4.アレルギー

花粉症に代表されるアレルギーを発症すると、アレルゲンが喉の粘膜に触れた際に腫れあがることがあります。花粉症の症状というと涙や鼻水が一般的ですが、重症になると喉も腫れることもあるのです。また、食物アレルギーがある場合はそれを食べた後で喉が腫れることもあります。喉と一緒に口腔内が腫れることもあるでしょう。ひどい場合は呼吸困難を引き起こすこともあります。

1-5.喫煙や飲酒・声の出し過ぎ

喫煙や飲酒は、喉の粘膜に刺激を与えます。過度の飲酒・喫煙は粘膜を傷つけて腫れ上がらせることがあるのです。また、大声を長時間張り上げ続けても喉が腫れることがあります。タバコの煙が充満しているカラオケボックスでお酒を飲みながら歌を歌う、などということをすると喉が腫れやすいでしょう。

1-6.急性化膿性リンパ節炎

急性化膿リンパ節炎とは、咽頭炎や扁桃炎などを発症した際、リンパ節に細菌やウィルスが感染して腫れあがる病気です。喉にはリンパ節が通っているため、発症すると喉の腫れが起こります。また、喉だけでなく体中のリンパ節が腫れることもあるでしょう。

1-7.副鼻腔炎由来の後鼻漏

副鼻腔炎になるとどろっとした鼻水が喉の奥に落ちこむことがあります。これを後鼻漏といい、悩んでいる方も多い症状です。鼻水に含まれている雑菌が喉の粘膜を腫らすこともあります。

1-8.咽頭ガン

咽頭ガンになると喉の腫れが起きることもあります。この場合、声がれや喉の痛みも伴うことがありますが、初期症状は風邪とよく似ているため気づかない方も多いのです。