扁桃炎の症状や原因とは?普通のかぜと何が違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月になり、寒さが一層厳しい季節になりました。インフルエンザをはじめとする感染症も流行し始めています。
そこで、今回は冬に発症が増える病気のひとつ、扁桃炎についてご紹介しましょう。
通常のかぜと混同しがちですが、実は全く別の病気です。
今回は原因や症状も一緒にご紹介します。
また、扁桃炎にかかったらどのような治療をするのか、ということもご説明しましょう。
毎年のように扁桃炎にかかるという方は、ぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 扁桃炎とはどういう病気?
  2. 扁桃炎の種類と症状とは
  3. 扁桃炎の治療とは?
  4. 扁桃炎の予防と再発防止法とは?
  5. おわりに

1.扁桃炎とはどういう病気?

扁桃とは、口を大きく開けるとのどの奥に見えるアーモンドのような形をした器官のことです。
ちなみに、扁桃とはアーモンドの和名。
形が似ているからその名前がつけられました。
ちなみに、扁桃戦ともいいますが同じ部位のことです。
扁桃は抵抗力の弱い子どものころに、ウィルスや細菌が口から体内へ入るのを防いでいます。
成長するにつれて免疫機能はリンパ節へと移動し、扁桃は役割を終えるのです。
扁桃が最も活躍するのは5歳から7歳くらいの間、といわれています。
さて、扁桃炎とは文字どおり扁桃が炎症を起こすことです。
扁桃は前述したように、体内に細菌やウィルスが入りこもうとしたとき、それを防ぎます。
しかし、体が弱っていたり菌の勢いが強すぎたりすると菌に感染してしまうのです。
扁桃炎の原因となる菌はインフルエンザウィルスや肺炎球菌、黄色ブドウ球菌など空気中に比較的多く存在しています。
これらの菌は低温で乾いた場所を好むのです。
ですから、空気が乾燥しやすい冬に繁殖しやすいでしょう。
また、かぜをひいて鼻がつまっていると口呼吸になり、口の中がより乾燥しやすくなります。
ですから、かぜから扁桃炎に移行する方も多いのです。

2.扁桃炎の種類と症状とは

この項では。扁桃炎の種類と症状についてご紹介します。
かぜと共通する症状も多いですが、違いは何でしょうか?

2-1.扁桃炎の種類とは?

扁桃炎には慢性と急性の2種類があります。
通常「扁桃炎」というと急性扁桃炎を指すのです。
かぜから移行する場合もありますし、疲労がたまったときや気温が急激に変化したとき、さらにストレスで発症することもあります。
慢性扁桃炎とは、急性扁桃炎を年に何回も発症することです。
扁桃炎はウィルスや細菌の影響を受けやすいところですから、体質的に炎症を起こしやすい人もいます。
しかし、年5回以上扁桃炎を発症すると何らかの対策をした方がよい、と診断されることが多いでしょう。
ちなみに、子どもが扁桃炎をくりかえすと「習慣性扁桃炎」と診断されます。
また、扁桃に頻繁に細菌がつくようになると免疫反応で腎臓などに障害が出ることもあるのです。
これを、「扁桃周囲腫瘍(へんとうしゅういしゅよう)」といいます。
こうなってしまうと、治療にも時間がかかるでしょう。

2-2.扁桃炎の症状とは?

扁桃炎といえば、のどの痛みが代表的な症状です。
かぜやインフルエンザものどが痛くなることがありますが、扁桃炎ののどの痛みはかなり強く水を飲むのもつらいことが珍しくありません。
このほかにも、発熱やけんたい感、頭痛、関節痛、リンパ節の痛みなどが症状として現れます。
インフルエンザとよく似ていますが、扁桃を見ると真っ赤にはれあがっていたり、白い膿栓(のうせん)がついていたりするので、医師が診察すればすぐに診断がつくのです。
また、軽いかぜのような症状からいきなり高熱が出た場合も、扁桃炎の疑いが強いでしょう。
さらに、扁桃炎から中耳炎を併発すると、耳の奥が痛むこともあります。

3.扁桃炎の治療とは?

扁桃炎かな?と思ったらまずは病院を受診しましょう。
放っておいても治ることもありますが、医師に診察してもらったうえで服薬をすればそれだけ治りも早いです。
内科や小児科でも治療を行えますが、専門は耳鼻咽喉科になります。
また、子どもが中耳炎を発症しやすい場合も小児科ではなく耳鼻咽喉科を受診してください。
小児科では耳の中をよく見ないことがあるので、中耳炎が見逃されやすいです。
治療法は扁桃の消毒と抗生物質の服薬が中心になります。
痛みが強く熱が高い場合は消炎鎮痛剤を使うこともあるでしょう。
しかし、基本的には暖かくして安静にしているというかぜの治療と同じ扱いです。
ですから、無理をせずにゆっくりと休みましょう。
扁桃炎自体はうつる心配はありません。
ただし、扁桃炎を起こした菌が感染症だった場合は、細菌やウィルスに感染することはあります。
扁桃炎を何回も繰り返す場合は、手術を勧められることもあるのです。
目安は1年に3~5回以上扁桃炎を発症する場合や、はれがひどくて呼吸が苦しくなる場合。
さらに、血尿などほかの症状が出た場合です。
扁桃炎の手術は決して難しいものではありません。
ただし、全身麻酔で行い、1週間~10日ほどの入院が必要です。
また、扁桃腺がはれていると手術ができませんので、健康管理も大切。
扁桃を取ると扁桃炎が二度と起こらなくなります。
しかし、その反面術後も痛みが残る方も多く、完治まで長引くこともあるでしょう。
また、社会人にとって1週間の入院は長いです。仕事を調整するのも大変でしょう。
ですから、扁桃炎になったら慢性化しないように気をつけなければなりません。

4.扁桃炎の予防と再発防止法とは?

扁桃炎は、子どものころだと体質で発症のしやすさが決まります。
体が弱い人は、どうしても発症しやすいです。
大人の場合は免疫力の低下やストレスが発症の引き金になることも多いでしょう。
かぜをひいたけれど仕事を休めないと無理をすると、扁桃炎を発症しやすくなります。
ですから、扁桃炎が発症しやすい冬になったら免疫を高めて抵抗力をつけましょう。
特に大切なのは、食生活と睡眠です。
年末年始は飲み会も多く食生活が乱れがちになるでしょう。
また、2月~3月は決算や人事異動が発表になったりしてやはり忙しくなる方が増えます。
食生活や睡眠がおろそかになりがちです。
ですから、意識して冬野菜を多く取り、夜更かしをさけましょう。
また、のどに違和感を覚えたら加湿を意識してください。
加湿すれば細菌やウィルスも増殖しにくくなります。
加湿器をつけたり部屋の中に洗濯物をつるしたりしましょう。
また、外出時はマスクをつけると効果的です。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、扁桃炎の原因と治療法についてご紹介しました。
扁桃炎は決して珍しい病気でも難しい病気でもありません。
多くの人が、一生のうち1~2回はかかる病気です。
しかし、くりかえすようになると腎臓や心臓など重要な器官に悪影響が出ます。
特に、腎臓に影響が出ると腎盂腎炎(じんうじんえん)を発症することもあり、これも重症化すると大変です。
また、「いざとなれば、手術して扁桃を取ってしまえばよい」と思う方もいるかもしれません。
しかし、全身麻酔をかけて1週間以上の入院は大変です。
子どもならば負担はより重くなるでしょう。
ですから、扁桃炎になりやすい方は再発を防止することが大切です。
かぜがはやるシーズンになったら、ビタミンやミネラルを多く取り、疲労をためすぎないようにしましょう。
飲み過ぎや食べ過ぎに注意して、ストレスは食事やお酒以外のことで発散してください。
そうすれば、扁桃炎にはかかりにくくなるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加