耳垢が多いのは病気!?その原因と、健康と耳垢の関係を徹底検証

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「最近、耳垢が多い」と思うことはありませんか? なかなか人には聞きにくいため、ひそかに悩んでいる人は多いのです。「耳掃除をしたばかりなのにすぐたまる」「指で軽くほじるだけでポロポロと耳垢が出てくる」という症状は、なぜ起こるのでしょうか。耳掃除をすると気持ちよさを感じます。しかし、掃除のしすぎはよくないということは、誰もが知っていることでしょう。耳垢が多くなる原因も、このことに関係している可能性があるのです。

  • 耳垢が多くて悩んでいる
  • 耳垢が多い原因とは?
  • 耳垢が多いのは病気なのか?

そんな人たちのために、耳垢の役割や耳垢が多い原因、健康との関係についてまとめてみたいと思います。

  1. 耳垢の役割とは
  2. 耳垢が多い原因
  3. 耳垢と健康との関係
  4. まとめ

1.耳垢の役割とは

1-1.耳垢の役割は抗菌と保護

そもそも耳垢は、新陳代謝によってはがれ落ちた皮膚と、体外から入ってきたホコリ、耳垢腺からの分泌液が混ざったものなのです。「乾燥しているタイプ」のものと「粘性のあるタイプ」のものがあり、日本人は「乾燥している耳垢」が多いと言われています。耳垢には重要な役割があり、主なものは以下の3つです。

  • 細菌や真菌の発生を抑える
  • 殺菌作用がある
  • 皮膚の乾燥を防ぎ表面を保護する

耳垢は「汚いもの」「掃除しなければいけないもの」というイメージがあります。しかし、実はなくてはならない存在なのです。

1-2.耳掃除は必要?

耳掃除をすると気持ちがよいため、好んで掃除をする人も多いはず。しかし、重要な役割を持つ耳垢を掃除してしまってよいのでしょうか。実は、耳掃除をまったくしないと耳垢で耳の奥がふさがれてしまい、病気になる可能性があるのです。基本的に耳垢は自然に排出されるため、ある程度の耳掃除を行うだけでよいでしょう。以下のことを守って、正しく耳掃除をしてください。

  • 頻度は1~2週間に1度
  • 範囲は耳の入り口から1cm程度まで
  • 耳垢を奥へ押し込まないように注意する
12