「匂いがわからない!」を解消するには?嗅覚障害の原因と対処法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「匂いがわからない」という悩みをお持ちではありませんか?風邪をひくと鼻がつまって食べものの匂いなどがよくわからなくなる、ということは多いでしょう。しかし、風邪は治ったはずなのにまだ嗅覚が戻らない…そんなときは、嗅覚障害が疑われます。匂いがわからないと生活にもさまざまな支障をきたすことになるものです。一刻も早く何とかしなければなりません。この記事では、嗅覚障害の原因や対処法・病院での治療法などを解説します。

  1. 匂いがわからないとはどういうことか?
  2. 匂いのセルフチェック
  3. 匂いがわからないときはどうすればいいのか?
  4. 匂いがわからない!病院に行くべきか?
  5. 匂いがわからないときのよくある質問

この記事を読むことで「匂いがわからない」という問題を解決できるはずです。本当の原因と正しい対処法を知り、早めに嗅覚を取り戻しましょう。


1.匂いがわからないとはどういうことか?

可能性がある病気や主な原因をまとめてみました。

1-1.「匂いがわからない」とは?

まず、匂いを感じるメカニズムを解説しましょう。鼻腔(びくう)の奥には「嗅粘膜」があり、匂いの粒子がここに届くことで、その情報が嗅神経を介して脳に伝わります。私たちはこうして食べものなどの匂いを感じているのです。しかし、この伝達経路や嗅神経に何らかの異常が生じたとき、匂いはわかりにくくなります。

原因となるものにはいくつか考えられ、その原因に合った対策が必要になるのです。匂いがわからなくなると、食べものの味もわからなくなり、ガスや煙などの危険な匂いにも気づけなくなってしまいます。生活に支障をきたすだけでなく、命にかかわる問題を引き起こす可能性もあるということを覚えておきましょう。

1-2.嗅覚障害を起こす病気とは?

匂いがわからなくなるのは、何らかの病気が原因になっている場合もあります。

1-2-1.風邪

最も多いのが、風邪によるものです。ウイルスに感染することで鼻や喉が炎症を起こし、鼻水やくしゃみなどの症状が現れます。喉が炎症を起こすと発熱や頭痛などを引き起こすこともあるでしょう。同じように、嗅粘膜が炎症を起こすと一時的に匂いがわからなくなってしまうのです。風邪が治った後も同じ状態が続くようなら、風邪がきっかけとなって嗅覚障害を起こしている可能性が高いでしょう。

1-2-2.副鼻腔(びくう)炎

次に多いのが、副鼻腔(びくう)炎です。副鼻腔(びくう)炎とは、ウイルスや細菌の感染が原因で副鼻腔(びくう)に炎症が起きることを言います。この状態が3か月以上続くことを「慢性副鼻腔(びくう)炎」と言い、粘り気のある鼻水だけでなく、頭痛や発熱・集中力の低下などが症状として現れるようになるでしょう。副鼻腔(びくう)炎になると常に鼻がつまった状態になるため、匂いが嗅粘膜まで届かなくなり、匂いがわかりにくくなるのです。

特に「好酸球性副鼻腔炎」という副鼻腔の粘膜に好酸球が多く存在するタイプの副鼻腔炎では、嗅覚障害をきたしやすいのが特徴とされています。

1-2-3.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、原因物質が体内に侵入することでアレルギー反応を起こす疾患です。鼻の粘膜に炎症を起こすため、匂いがわかりにくくなります。ほかにも、連続したくしゃみや水のような鼻水などの症状が特徴的です。アレルギー性鼻炎の原因としては、ハウスダストや花粉などが考えられます。

1-2-4.鼻中隔湾曲

鼻を左右に分けている中央の仕切り部分を「鼻中隔」と言います。「鼻中隔湾曲」とは、この部分が歪(ゆが)んだり曲がったりした状態のことです。鼻の空気のとおりが悪くなるため、匂いがわかりにくくなります。鼻中隔湾曲は、鼻中隔を構成している骨の成長バランスが悪いことが主な原因です。

1-3.匂いがわからなくなるのはなぜ?

匂いがわからなくなる原因として、風邪や鼻の疾患以外にも加齢やストレスなどが考えられます。年齢を重ねるとさまざまな器官の衰えがすすむのです。加齢による嗅覚の衰えは自覚するのが難しいため、家族が注意して観察しておく必要があるでしょう。また、ストレスが原因の場合もあります。人はストレスを感じると、感覚器の働きを弱めることで身を守ろうとするのです。この場合、原因となるストレスを取り除くことで症状が改善します。

1-4.放っておくとどうなるのか?

嗅覚が低下すると回復するまで時間がかかります。治療の効果も現れにくくなってしまうのです。放っておけば確実に症状は悪化し、日常生活への影響も大きくなってしまうでしょう。病気の原因によっては完全には治らない場合もあるでしょう。そうなる前に、適切な治療を受ける必要があります。「おかしい」と感じたときは、できるだけ3か月以内に治療を開始してください。