「匂いがわからない!」を解消するには?嗅覚障害の原因と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「匂いがわからない」という悩みをお持ちではありませんか?風邪をひくと鼻がつまって食べものの匂いなどがよくわからなくなる、ということは多いでしょう。しかし、風邪は治ったはずなのにまだ嗅覚が戻らない…そんなときは、嗅覚障害が疑われます。匂いがわからないと生活にもさまざまな支障をきたすことになるものです。一刻も早く何とかしなければなりません。この記事では、嗅覚障害の原因や対処法・病院での治療法などを解説します。

  1. 匂いがわからないとはどういうことか?
  2. 匂いのセルフチェック
  3. 匂いがわからないときはどうすればいいのか?
  4. 匂いがわからない!病院に行くべきか?
  5. 匂いがわからないときのよくある質問

この記事を読むことで「匂いがわからない」という問題を解決できるはずです。本当の原因と正しい対処法を知り、早めに嗅覚を取り戻しましょう。


1.匂いがわからないとはどういうことか?

可能性がある病気や主な原因をまとめてみました。

1-1.「匂いがわからない」とは?

まず、匂いを感じるメカニズムを解説しましょう。鼻腔(びくう)の奥には「嗅粘膜」があり、匂いの粒子がここに届くことで、その情報が嗅神経を介して脳に伝わります。私たちはこうして食べものなどの匂いを感じているのです。しかし、この伝達経路や嗅神経に何らかの異常が生じたとき、匂いはわかりにくくなります。原因となるものにはいくつか考えられ、その原因に合った対策が必要になるのです。匂いがわからなくなると、食べものの味もわからなくなり、ガスや煙などの危険な匂いにも気づけなくなってしまいます。生活に支障をきたすだけでなく、命にかかわる問題を引き起こす可能性もあるということを覚えておきましょう。

1-2.嗅覚障害を起こす病気とは?

匂いがわからなくなるのは、何らかの病気が原因になっている場合もあります。

1-2-1.風邪

最も多いのが、風邪によるものです。ウイルスに感染することで鼻や喉が炎症を起こし、鼻水やくしゃみなどの症状が現れます。喉が炎症を起こすと発熱や頭痛などを引き起こすこともあるでしょう。同じように、嗅粘膜が炎症を起こすと一時的に匂いがわからなくなってしまうのです。風邪が治った後も同じ状態が続くようなら、風邪がきっかけとなって嗅覚障害を起こしている可能性が高いでしょう。

1-2-2.副鼻腔(びくう)炎

次に多いのが、副鼻腔(びくう)炎です。副鼻腔(びくう)炎とは、ウイルスや細菌の感染が原因で副鼻腔(びくう)に炎症が起きることを言います。この状態が3か月以上続くことを「慢性副鼻腔(びくう)炎」と言い、粘り気のある鼻水だけでなく、頭痛や発熱・集中力の低下などが症状として現れるようになるでしょう。副鼻腔(びくう)炎になると常に鼻がつまった状態になるため、匂いが嗅粘膜まで届かなくなり、匂いがわかりにくくなるのです。

1-2-3.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、原因物質が体内に侵入することでアレルギー反応を起こす疾患です。鼻の粘膜に炎症を起こすため、匂いがわかりにくくなります。ほかにも、連続したくしゃみや水のような鼻水などの症状が特徴的です。アレルギー性鼻炎の原因としては、ハウスダストや花粉などが考えられます。

1-2-4.鼻中隔湾曲

鼻を左右に分けている中央の仕切り部分を「鼻中隔」と言います。「鼻中隔湾曲」とは、この部分が歪(ゆが)んだり曲がったりした状態のことです。鼻の空気のとおりが悪くなるため、匂いがわかりにくくなります。鼻中隔湾曲は、鼻中隔を構成している骨の成長バランスが悪いことが主な原因です。

1-3.匂いがわからなくなるのはなぜ?

匂いがわからなくなる原因として、風邪や鼻の疾患以外にも加齢やストレスなどが考えられます。年齢を重ねるとさまざまな器官の衰えがすすむのです。加齢による嗅覚の衰えは自覚するのが難しいため、家族が注意して観察しておく必要があるでしょう。また、ストレスが原因の場合もあります。人はストレスを感じると、感覚器の働きを弱めることで身を守ろうとするのです。この場合、原因となるストレスを取り除くことで症状が改善します。

1-4.放っておくとどうなるのか?

嗅覚が低下すると回復するまで時間がかかります。治療の効果も現れにくくなってしまうのです。放っておけば確実に症状は悪化し、日常生活への影響も大きくなってしまうでしょう。そうなる前に、適切な治療を受ける必要があります。「おかしい」と感じたときは、できるだけ3か月以内に治療を開始してください。

2.匂いのセルフチェック

嗅覚障害は症状が現れてからできるだけ早い段階で診断を受ける必要があります。その前にセルフチェックをしてみましょう。

2-1.セルフチェックしてみよう!

以下の項目でいくつ当てはまるものがあるかチェックしてみてください。

  • 匂いがわかりにくい
  • すべて同じ匂いに感じる
  • 食べものの味がわからない
  • そのほかにも鼻の不快な症状がある
  • 症状が長期間続いている

当てはまるものがある人は、病院での治療を受ける必要があるでしょう。早めに専門医を受診してください。

2-2.嗅覚障害の検査について

嗅覚障害は自分で判断するのが非常に難しい疾患です。病院ではどのような検査が行われるのでしょうか。まず、内視鏡で鼻の中を観察します。慢性副鼻腔(びくう)炎や脳の問題が疑われる場合は、X線撮影やCT・MRI撮影を行う場合もあるでしょう。障害の程度を検査する方法には、基準嗅覚検査があります。数種類の匂いを嗅いで、どの程度反応するのかを調べる検査です。嗅覚障害は手術が必要になるケースもあるため、まずは正確に診断を受けることが大切でしょう。

3.匂いがわからないときはどうすればいいのか?

自分でできる対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。薬や注意点など、必要な情報をまとめてみました。

3-1.自分でできることとは?

まずは、原因を突き止める必要があります。鼻がつまって匂いがわからなくなっているのか、そのほかに原因があるのかを明確にすることが大切です。鼻の疾患が原因であれば耳鼻科を受診し、適切な治療を受けましょう。ストレスが原因の場合は、何がストレスになっているのかを考え、自分なりの解消法を見つけることも大切です。また、嗅覚障害に効くツボもあります。有名なのが、小鼻の両脇にある「迎香(げいこう)」というツボです。ツボ押しは手軽に実践できるため、ぜひ刺激してみてください。

3-2.薬について

風邪による鼻づまりやアレルギー性鼻炎が原因の場合は、市販の薬に頼る手もあるでしょう。症状の改善を早めることで、嗅覚も戻る可能性があります。市販薬は種類が豊富にあるため、選び方にも注意が必要です。抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬など、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどの症状によく効くものを選ぶとよいでしょう。副作用が強く出るものもあるため、必ず薬剤師に相談して購入することをおすすめします。

3-3.鼻を刺激しないように!

嗅覚障害が疑われるときは、日常生活でも気をつけるべきことがたくさんあります。悪化を防ぐためにも、できるだけ普段から栄養バランスのよい食事を心がけ、規則正しい生活を送るようにしましょう。一番大切なのは、あまり鼻を刺激しないことです。鼻の粘膜が傷つくと、嗅覚障害が悪化してしまいます。鼻をかむときもゆっくりと丁寧に行うようにしましょう。

3-4.子どもの場合

子どもは鼻や副鼻腔(びくう)が未発達なため「匂いがわからない」ということがよくあります。子どもに特に多いのが副鼻腔(びくう)炎やアレルギー性鼻炎で、早めの治療が必要です。しかし、子どもの場合は「匂いがわかりにくくなっている」ことに気づきにくいため、治療が遅れることが多いでしょう。先天的な嗅覚障害でない限り、治療をすれば症状はすぐに改善します。普段から様子をよく観察し、気になることがあれば専門医に相談するようにしましょう。

4.匂いがわからない!病院に行くべきか?

匂いがわからないときは、治療が必要なケースもあります。受診するべき症状や治療法・薬についてご紹介しましょう。

4-1.受診するべきなのはこんなとき!

風邪をひいて鼻がつまっているときは、匂いがわからなくてもさほど気になりません。しかし、「風邪が治ってずいぶんたつが、まだ嗅覚が戻らない…」というときは、病院を受診するべきか迷いますよね。鼻水や咳(せき)など、ほかの症状はすべて治ったが、嗅覚だけが戻らないときは、耳鼻科で相談してみましょう。また、匂いの感じ方が異常な場合も注意が必要です。少しの匂いを強烈に感じてしまう・すべて同じ匂いに感じるなどの症状があるときも、病院を受診しましょう。

4-2.嗅覚障害の診断方法

嗅覚障害の診断には、内視鏡検査や画像検査・嗅覚検査が行われます。内視鏡検査と画像検査は、鼻粘膜や鼻腔(びくう)内の状態をチェックする検査です。嗅覚検査とは嗅覚障害の程度を調べる検査で、現在日本では「基準嗅覚検査」と「静脈性嗅覚検査」が行われています。基準嗅覚検査とは、数種類の匂いをどの程度の濃度で感じたかをチェックする検査方法で、最近は匂いの素(もと)をスプレーで鼻孔の中に吹き付ける方法が主流です。静脈性嗅覚検査とは、ビタミンB1剤を静脈に注射し、匂いを感じるまでの時間を計測する検査方法のことを言います。手軽に行える治療法として、取り入れている病院も多いでしょう。

4-3.どんな治療法があるのか?

では、嗅覚障害の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、嗅覚障害の原因となっている疾患がある場合、その疾患を治療することから始まります。疾患を治療して鼻のとおりをよくすることで嗅覚障害も解消するでしょう。同時に、ステロイド点鼻薬などの薬物療法が行われます。また、匂いの通路が閉鎖するほど粘膜の腫れや形の異常が著しい場合は、手術が必要になることもあるでしょう。

4-4.薬の種類と副作用

嗅覚障害の治療に使用される薬は、主にステロイド点鼻薬です。非常に効果が高いことで知られていますが、ステロイドでアレルギーを起こしたことがある人は注意してください。ほかの治療薬との相性によっては副作用が出る可能性もあるため、服用している薬があるときはしっかりと医師に伝えておきましょう。同時に、ビタミンA・ビタミンB群・亜鉛などの栄養剤が処方されることもあります。嗅覚神経を修復する効果があるため、障害の回復が期待できるでしょう。また、治療に漢方を取り入れる病院も増えてきています。体質を改善して嗅覚障害を解消することを目的としているため、副作用も少なく安全な方法です。自分の体質に合った漢方薬を選ぶ必要があるため、必ず医師の指示に従いましょう。

4-5.相談窓口

「匂いがわからない」という悩みがあるときは、川村耳鼻咽喉科クリニックに相談してみてください。アレルギー性鼻炎や副鼻腔(びくう)炎・鼻中隔湾曲症など、嗅覚障害の原因となる疾患を幅広く治療しています。手術実績も非常に豊富なクリニックとなっていますので、安心して受診しましょう。
https://www.jibika-operation.com/

5.匂いがわからないときのよくある質問

「匂いがわからない」と悩む人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.鼻がつまると味もわからなくなるのはなぜですか?

A.味覚を感じ取るのは主に舌と鼻です。舌よりも鼻の方が細胞数が多いため、私たちが味を判断する上で、嗅覚は非常に重要な役割を果たします。

Q.体内の亜鉛が不足すると嗅覚障害が生じるのはなぜですか?

A.亜鉛が低下すると脳の神経線維の働きが悪くなるためであると考えられています。そのため、嗅覚障害の治療薬として亜鉛を処方する病院もあるでしょう。

Q.頭を強く打ったことと嗅覚障害には関係がありますか?

A.あります。頭部外傷によって脳の機能が低下すると、神経経路に異常が起こって嗅覚障害が起こることもあるのです。その場合、ひきつけや手足のまひなどの症状も現れるでしょう。すぐに脳神経外科を受診してください。

Q.「自分から悪臭が出ている気がする」というのも嗅覚障害でしょうか?

A.その可能性はあります。嗅覚障害の症状は、単に「匂いがわからなくなる」というものだけではないのです。早めに耳鼻科を受診し、相談することをおすすめします。

Q.「匂いがわからないのは蓄膿(ちくのう)症が原因」と診断されました。どのくらいで治りますか?

A.蓄膿(ちくのう)症の完治までは3か月以上かかります。定期的な受診をして、処方された薬をしっかりと飲みましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。匂いがわからなくなる原因や対処法・治療法などをまとめて解説しました。匂いがわかりにくくなる原因は、風邪だけではありません。治療が必要な病気が隠れている可能性もあるため、まずは自分の症状をしっかりと把握しましょう。この記事を参考にして、自分に合った対処法を見つけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加