耳に入った水の抜き方をわかりやすく解説! 注意点と予防方法も!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

海やプール、お風呂などで耳に水が入ってしまうと、なかなか抜けないことがありますよね。放置しておいてもよいのか、耳鼻科を受診するべきなのか、迷う人も多いと思います。

そこでこの記事では、「耳に入った水を放置するとどうなる?」「耳に入った水を抜く方法を知りたい」そんな疑問を解決しましょう。

  1. 耳に入った水を放置するとどうなるのか
  2. 外耳炎について
  3. 耳に入った水の抜き方
  4. 耳に水が入るのを予防する方法
  5. まとめ

1.耳に入った水を放置するとどうなるのか

耳に水が入った場合、慌てて抜こうとする人が多いと思います。耳に入った水を放置すると、一体どうなるのでしょうか。

1-1.基本的には自然と蒸発する

耳に水が入ってなかなか抜けない場合「耳が痛くなるのではないか」と心配になる人は多いでしょう。しかし、実際には耳に入った水は、半日程度で自然と蒸発していきます。つまり、放置しても何の問題もないのです。ただ、耳に水が入ったままだと違和感があって不快な思いをすることになるでしょう。できるだけ早く水を抜きたい、という人も多いと思います。

1-2.耳を引っ張って傾ける

水が入った方の耳を下方に傾け片足でケンケンをすると、水が抜けます。この時、耳の後ろを軽く引っ張るとより抜けやすくなるでしょう。

1-3.注意が必要な場合もある

耳に水が入った場合、基本的には放置して問題ありません。しかし、3日以上たっても耳に水が残っているような感じがする場合には、滲出(しんしゅつ)性中耳炎など耳の疾患を引き起こした可能性があるでしょう。痛みがあるときも同様です。

耳に水が入った時、頭を叩いて水を出そうとしてはいけません。特に、大人が子どもの頭を叩くと、手加減しているつもりが強く叩きすぎることがあります。また、ティッシュをこより状にねじって耳の中に差し入れても水は取れません。それどころか、ティッシュがちぎれて耳の中に残ってしまうこともあります。

また、耳に水が入ると、綿棒などでゴシゴシ耳をこすってしまう人も多いでしょう。実は、この行為によって外耳炎を引き起こしてしまう可能性があるのです。綿棒が耳の壁に細かい傷を作り、そこから細菌感染を起こすのが外耳炎。プールに入った後で耳が痛くなった場合、ほとんどがこのようにして起こった外耳炎が原因なのです。

通常、水がたまるのは鼓膜の手前にある「外耳」の部分になります。そのため、中耳まで水が入り込むことはないでしょう。しかし、鼓膜に穴が開いていたり、チューブを入れていたりすると奥まで入り込んでしまうこともあります。その場合は、早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。

12