鼻茸を放置しておくのは危険? 原因や治療方法と共に解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「鼻づまりがなかなか治らない」「ものの匂いを感じにくくなった」といった症状に悩まされている人はいませんか? それはもしかしたら、鼻茸(はなたけ)ができている可能性があります。鼻茸は良性のポリープですが、放置しておくと鼻の形が変わってしまったり日常生活に大きな支障が出たりすることもあるでしょう。
今回は、鼻茸ができる原因や治療方法を紹介します。

  1. 鼻茸の基礎知識
  2. 鼻茸のセルフチェック
  3. 鼻茸の治療方法
  4. ​鼻茸の切除を日帰り手術で行うケース
  5. 鼻茸に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻茸を手術する病院の選び方などもよく分かるでしょう。慢性的な鼻づまりに悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.鼻茸の基礎知識

はじめに、鼻茸の定義や鼻茸ができる原因などを紹介します。

1-1.鼻茸とはどのようなもの?

鼻茸とは、鼻腔・副鼻腔内にできる良質のポリープのことです。小さいうちは症状がありませんが、大きくなると鼻づまりや匂いを感じにくくなる症状が現れます。また、鼻水が増えたり鼻水が喉の奥に落ちる後鼻漏の症状がひどくなる可能性もあるでしょう。さらに、鼻茸が大きくなれば、鼻の奥にぶよぶよとした塊が見える可能性もあります。

1-2.鼻茸が症状として現れる病気

鼻茸は、アレルギー性鼻炎・慢性副鼻腔炎・気管支ぜんそくなど、鼻水・鼻づまりが症状として現れる病気を発症するとできやすくなります。特に、慢性副鼻腔炎の中でも「好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)」は、多数の鼻茸がくり返しできるのが特徴です。好酸球性副鼻腔炎は、厚生労働省により指定難病に定められています。

1-3.鼻茸ができやすい人はいるのか?

鼻茸のできやすさは個人差があり、同じ病気でも鼻茸ができる人とできない人があります。また、鼻茸はすべての年代で発症する可能性があるので、鼻づまりがひどくなった場合は鼻茸の発症を疑いましょう。ただし、好酸球性副鼻腔炎は、気管支ぜんそくを発症している40代以降の男性に発症しやすい傾向があります。

1-4.鼻茸を放置しておくデメリット

鼻茸は、自然治癒する可能性はほとんどありません。また、放置しておくと鼻茸が大きくなる可能性もあります。さらに、前述したように鼻茸が大きくなると鼻づまりがひどくなったり、鼻の形が変わったりすることもあるでしょう。そのうえ、鼻呼吸ができなくなると、ドライマウスになったりいびきなどをかきやすくなったりします。
なお、鼻茸は一度治療しても再発することがあるため、鼻茸が一度発症したら適切な治療だけでなく定期的な通院や、経過観察が大切です。

2.鼻茸のセルフチェック

鼻茸ができているのでは、と悩んでいる人は以下のようなことをチェックしてみましょう。

  • アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎などを発症している
  • 鼻づまりや鼻水がひどくなった
  • 匂いが分かりにくくなった
  • 後鼻漏の症状が現れた
  • 鼻腔内に何かぶよぶよしたものが見える

このような症状が出る場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。放置しておくほど治療が大変になっていきます。

3.鼻茸の治療方法

この項では、鼻茸の診断方法や治療方法を紹介します。

3-1.鼻茸の診断方法

鼻茸は、耳鼻咽喉科を受診してレントゲン検査や内視鏡検査などをすればすぐに分かります。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎でかかりつけ医がある場合は、まずそこを受診しましょう。ただし、気管支ぜんそくを発症している人が鼻づまりがひどくなった場合は、好酸球性副鼻腔炎を発症している可能性もあるため、至急、耳鼻咽喉科を受診してください。

3-2.鼻茸の治療方法:薬物治療

鼻茸が小さかったり、子どもが鼻茸を発症したりした場合は、薬物療法が行われます。また、好酸球性副鼻腔炎を発症している場合、手術療法と並行してステロイドを服用して鼻茸の再発を防ぐことが一般的です。薬は、飲み薬やネブライザーを利用し、鼻茸に直接噴霧する方法があるため、医師の指示に従ってください。

3-3.鼻茸の治療方法:副鼻腔炎の病巣ごと手術する方法

好酸球性副鼻腔炎や重症の慢性副鼻腔炎の場合は、副鼻腔炎の病巣ごと手術する方法をすすめられることがあります。病巣ごと切り取る手術は、鼻茸だけを切り取る手術より大がかりになるので、全身麻酔の手術が行われることが一般的です。入院日数は病状によって異なるので、医師とよく相談してください。

3-4.定期的な通院も大切

前述したように、鼻茸は再発する可能性があります。ですから、手術後に症状が消えても、定期的に通院して鼻腔内の様子を診てもらうことが大切です。特に、好酸球性副鼻腔炎はまだ完治する治療方法が発見されていないため、投薬で再発をコントロールすることが必要になります。

3-5.病院の選び方

鼻茸の手術は、実績のある病院を選ぶと安心して手術を受けることができます。現在通院している病院に手術設備がない場合は、より大きな病院を紹介してくれることが一般的です。特に、好酸球性副鼻腔炎の疑いがある場合は、治療を行っている病院を受診し、医師と治療方法をよく相談してください。

4.鼻茸の切除を日帰り手術で行うケース

慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の悪化によって鼻茸が発生した場合、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)をすすめられることがあります。この手術は日帰りでも行うことができるため、費用も1万円代~とより安価です。また、仕事などへの影響も最低限ですむでしょう。ただし、鼻茸や病巣の状態によっては日帰り手術不可のこともあります。日帰り手術を望む場合は、医師とよく相談し、説明を受けてから決めてください。なお、日帰り手術を行っている病院は限られているので、鼻茸の日帰り手術を望む場合は、病院探しから始めましょう。

5.鼻茸に関するよくある質問

この項では、鼻茸に関するよくある質問を紹介します。

Q.手術が怖いので、鼻づまりがひどくてもがまんして放置したいのですが大丈夫ですか?
A.鼻茸による鼻づまりは、自然に治ることはほぼありません。鼻呼吸ができないとドライマウスになり、口臭や感染症にかかりやすくなるなど、デメリットばかりで放置のメリットは全くないので、きちんと治療を受けることが大切です。

Q.鼻茸は、健康な人に突然できることはありませんか?
A.はい。慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などで鼻粘膜が長期間刺激された結果、鼻茸ができます。健康な人の鼻腔内に突然できることはありません。ただし、気管支ぜんそくを発症している場合、鼻づまりと鼻茸の発症が同時に現れることもあります。

Q.鼻茸は、服薬で小さくすることはできないでしょうか?
A.大きくなることを防ぐことはある程度できますが、小さくすることはできません。薬を服用しているからと放置せず、定期的に状態を診てもらうことも大切です。

Q.鼻茸の手術は何度でも受けられますか?
A.受けられますが体の負担もあるので、定期的に検査を受けて再発を防ぐことが大切です。

Q.全身麻酔で手術を受けても日帰りはできますか?
A.病院や症状によっては、日帰りも可能な可能性はありますが、無理をしてはいけません。

まとめ

いかがでしたか? 今回は鼻茸が発症する原因や治療方法を紹介しました。鼻茸は誰もが発症する可能性があるポリープです。放置しておくほど治療が難しくなります。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を発症している人は、病院で定期的に検査をしてもらい、早期発見・早期治療を受けることが大切です。また、好酸球性副鼻腔炎の場合は、治療実績のある病院を受診して治療を受けましょう。現在は技術も進み、鼻茸を日帰り手術で切除できるケースも増えてきました。「仕事が忙しいから」と鼻づまりをがまんしないようにしましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績