鼻水が黄色いのはなぜ? 原因となる病気や改善方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

体の不調は、さまざまな兆候となって現れます。鼻水もその代表であり、鼻水の色によって鼻に関連した病気の状況を知るための兆候の一つです。一般的に鼻水は無色なのですが、病気などによって黄色く変色した鼻水になってしまうことも少なくありません。

黄色い鼻水は体の変調を知らせるための目安になる可能性があります。黄色い鼻水が出て不安になっている人のために、鼻水が黄色くなっている原因と疑われる疾病について詳しくご紹介しましょう。

  1. 鼻水について
  2. 鼻水の色で何が分かる?
  3. 黄色い鼻水が出る理由
  4. 黄色い鼻水に関するよくある質問

1.鼻水について

鼻水は、鼻から吸い込んだ空気中にあるほこりや細菌を体外へ押し出す役割を担っている体液です。また、体内に繁殖した細菌などを体外へ押し出す役目や鼻の粘膜を外気から保護する役目もあります。健康な時の鼻水は90%以上が水分で、さらさらとしているのが特徴です。私たちの体では毎日1〜2リットルほどの鼻水が作られており、通常は鼻の奥から喉を通って体内へと流れ落ちていくので、鼻から出てくることはほとんどありません。

1-1.鼻水は病気を知るためのサイン

鼻水の分泌は病気を知るためのサインになることがあります。鼻水は鼻の粘膜を保護するために常に分泌されているのですが、色や量が異常であれば鼻中に何かしらの異常がある可能性があるのです。鼻水の色や量に異常があるという場合には、耳鼻咽喉科に相談するように心掛けましょう。

健康なときの鼻水は透明でサラサラしているんですね。
はい。鼻水に色がついたり極端に量が増えたりしている場合は、耳鼻咽喉科を受診して原因を突き止めましょう。

2.鼻水の色で何が分かる?

鼻水はウイルスから体を守るために、鼻腔(びこう)内部から分泌される液体です。分泌される液体は基本的に無色透明なのですが、色々な原因によって鼻水に色が付くことがあります。鼻水の色について簡単にご紹介しましょう。

2-1.褐色の鼻水

褐色や黒い鼻水は鼻血や炎症などによる出血が原因です。血液の色が鼻水に混ざることで、鼻水が褐色や黒に変色します。

2-2.透明で粘性のある鼻水

体内に細菌やウイルスなどが侵入した場合、透明で粘性のある鼻水が出ます。

2-3.透明でさらさらの鼻水

花粉症やダニ・ハウスダストなどのアレルギー反応で分泌される鼻水は基本的に透明でさらさらしています。

2-4.黄色い鼻水

細菌やウイルスなどが進入した際に死滅した白血球や免疫細胞が鼻水に含まれることがあります。黄色い鼻水は体の中の免疫が働いている証拠です。

体に異常が出ると鼻水に粘り気が出る場合もあるんですね。
はい。ですから、他に症状が出なくても鼻づまりになった場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

3.黄色い鼻水が出る理由

3-1. 黄色い鼻水で考えられる病気とは?

鼻水の色の中でも黄色というのは病気の可能性が高いと考えてよいでしょう。黄色い鼻水で考えられる病気について、ご紹介します。

3-1-1.急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)

ウイルスや細菌の感染によって引き起こされる急性の鼻炎です。白血球や免疫細胞などの死骸が鼻水に含まれることで鼻水を黄色くします。主に“治りかけの風邪”で黄色い鼻水が出ることがありますが、短期間で改善するのが一般的です。

3-1-2.慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)

急性鼻炎やアレルギー性鼻炎などが慢性化してしまう鼻炎です。炎症を治すために働いた白血球や免疫細胞が鼻水を黄色に染めます。鼻水が褐色の場合には、炎症による出血が原因の可能性もあるので注意しましょう。

3-1-3.鼻・副鼻腔腫瘍

鼻の中や副鼻腔の中に腫瘍ができる場合もあります。腫瘍にも良性のものや悪性のものもありますが,どちらの場合でも粘調で黄色い鼻水を出す場合があります。また、腫瘍の中で出血した場合には褐色の鼻水の時もあります。

3-1-4.好酸球性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎の一種とも言えますが、最近注目されているのが白血球の一種である好酸球が鼻水の中に増える体質的な疾患である好酸球性副鼻腔炎です。一般的な副鼻腔炎が感染をきっかけに起こるのに対して、好酸球中の物質が鼻の粘膜に炎症を起こすと言われています。

この場合の鼻水で特徴的なのは、極めて粘り気が強く、濃い黄色の鼻水でムチンと呼ばれています。このムチンは粘り気が強いために鼻をかんでも出てこないことも少なくありません。

3-1-5.歯性副鼻腔炎

文字通り歯が原因で起こる副鼻腔炎です。副鼻腔の中の上顎洞というほっぺたの裏にある空洞のすぐ下には上あごの歯があります。これらの歯が虫歯になっていて上顎洞に貫通していれば副鼻腔炎をおこすこともあります。現在虫歯でなくても不完全な虫歯の治療の後にも起こることがあります。ひどくなると上顎洞だけでなく副鼻腔全体に広がる場合もあります。

3-1-6.副鼻腔真菌症

カビが原因でおこる鼻腔炎です。糖尿病や悪性腫瘍によって発症のリスクが高まります。真菌症の場合には白く濁った鼻水や、逆に黒っぽい鼻水が見られることがあります。黄色い鼻水はむしろ少ないかもしれません。

単なる風邪以外にも黄色い鼻水が出る病気はたくさんあるんですね。
はい。どれも慢性化すると厄介なので、たかが鼻水と思わず耳鼻咽喉科を受診しましょう。

5.黄色い鼻水に関するよくある質問

Q.副鼻腔炎が疑われる場合、耳鼻咽喉科を受診する目安はありますか?
A.1週間以上たっても黄色くねばついた鼻水が出続け、改善する兆しが見えない場合は受診しましょう。

Q.風邪や副鼻腔炎以外に黄色い鼻水が出る病気はありますか?
A.インフルエンザなどの感染症にかかると、出ることがあるでしょう。

Q.1週間以内に黄色い鼻水が治まれば、耳鼻咽喉科を受診しなくても大丈夫ですか?
A.治っているのであれば、大丈夫な場合もあります。ただし、たびたび鼻水が繰り返すようでしたら一度受診した方がよいでしょう。

Q.花粉症で黄色い鼻水は出ますか?
A.いいえ。花粉症を発症すると透明の鼻水が出るでしょう。

Q.黄色い鼻水が鼻の中で固まった場合、どうしたらよいですか?
A.温めたタオルで鼻をおおってあげると、水蒸気で鼻水が取れやすくなります。

まとめ

鼻水などの分泌物は体の変調を知らせる重要なシグナルになります。黄色い鼻水が出る原因は、鼻中の異常が原因の可能性があるのです。

黄色い鼻水を改善するには“原因を特定し適切に対処する”ことが大切です。自分では判断の難しい疾病などもあることから、黄色い鼻水が長引く場合には必ず耳鼻咽喉科に相談するように心掛けましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績