鼻水が黄色いのはなぜ? 原因となる病気や改善方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

体の不調は、さまざまな兆候となって現れます。鼻水もその代表であり、鼻水の色によって鼻に関連した病気の状況を知るための兆候の一つです。一般的に鼻水は無色なのですが、病気などによって黄色く変色した鼻水になってしまうことも少なくありません。

黄色い鼻水は体の変調を知らせるための目安になる可能性があります。黄色い鼻水が出て不安になっている人のために、鼻水が黄色くなっている原因と疑われる疾病について詳しくご紹介しましょう。

  1. 鼻水について
  2. 鼻水の色で何が分かる?
  3. 黄色い鼻水が出る理由
  4. 黄色い鼻水を改善しよう!副鼻腔炎の改善方法
  5. 副鼻腔炎の予防法
  6. 黄色い鼻水に関するよくある質問
  7. まとめ

1.鼻水について

鼻水は、鼻から吸い込んだ空気中にあるほこりや細菌を体外へ押し出す役割を担っている体液です。また、体内に繁殖した細菌などを体外へ押し出す役目や鼻の粘膜を外気から保護する役目もあります。健康な時の鼻水は90%以上が水分で、さらさらとしているのが特徴です。私たちの体では毎日1〜2リットルほどの鼻水が作られており、通常は鼻の奥から喉を通って体内へと流れ落ちていくので、鼻から出てくることはほとんどありません。

鼻水は病気を知るためのサイン

鼻水の分泌は病気を知るためのサインになることがあります。鼻水は鼻の粘膜を保護するために常に分泌されているのですが、色や量が異常であれば鼻中に何かしらの異常がある可能性があるのです。鼻水の色や量に異常があるという場合には、耳鼻咽喉科に相談するように心掛けましょう。